Essay

病的に意地が悪いモラハラ女の特徴と対処法

聖人君子でもない限り、どんな人にも少しくらいなら意地悪な気持ちはあるかと思います。でも通常は理性を働かせてそのようなマイナスの感情を打ち消し、実行することはありません。

一方病的な人は肝心の理性が働きません。車で言えばブレーキがぶっ壊れた状態。しかもドライバーはあおり運転の常習者みたいな精神構造。そんな人が危険な車のハンドルを握るわけだから、たまったものではありません。ひとたびスイッチが入ればその先が例え崖ぷちでもそのまま突っ込んでしまう、そんな危うさを持ち合わせているのが病的な人です。

現在私に粘着している元・小学校教師Aは、おそらく何らかのパーソナル障害ではないかと最近感じています。もっと言えばモラハラ女ではないのかと…。

私はこれまでの人生で、そんな危ない人物をこれ以外にもうひとり知ってます。その人は隣に住む主婦B。彼女たちは以下の特徴を全て満たしています。

両者ともに中身はとんでもなく強烈なキャラですが、世間的にはどこにでもいるごく普通の人。いや、普通以上かもしれません。社交性を兼ね備えきちんとした社会生活を営みながら生活しており、間違っても卑怯ないじめをするタイプには見えません。

でも中身を知るにつれ、狂った周波数とでも言うか、どこか普通の人とはちょっと違うといった違和感がついて回りました。一見して普通なだけに、この違和感は被害にあった人しかわからない感覚だと思います。

主婦Bは過去何度も自宅駐車場に入り込み、うちの車にひどい傷をつけて憂さ晴らしをするという、本当に卑怯な方法で嫌がらせをしてくる人でした。

互いになんの接点もないAとBですが、不思議なことに二人は驚くほどよく似ているのです。その似ている部分・共通する部分が一般人とは違う病的と感じた部分なので、以下にその特徴と対処法を書いていきます。

激しい感情の起伏、衝動的、感情的、攻撃的

些細なことでカッとしやすく、特にターゲットに対しては口汚く罵倒するのが両者の特徴。元教師Aに関しては以下の記事に詳しく書いてあります。

意地悪な女を痛快にやっつけるとっておきの復讐方法 少しくらいの意地悪というレベルではなく、人としてもっともタチの悪い、病的なまでに意地悪な女を、痛快にやっつける方法についてご紹介します...
失礼な人は幼稚な人。対抗策は無視ではなくスルー力しかない
失礼な人は幼稚な人。対抗策は無視ではなくスルー力しかない失礼な人ってどこにでもいますよね。失礼な人には二種類あって、明確な悪意を持つタイプと、悪気はないけど無知ゆえに失礼な態度をとってしまうタ...
意地悪な女に共通する3つの特徴と対処法女性の世界にありがちな人間関係の悩みといえば、陰湿な手口によるいじめです。そんな意地悪な女には、ある3つの特徴があります。 この記事で...

隣人の主婦Bもこれと同様、頭に血が上ると興奮して見境いがなくなり、大人としての知性も品格も皆無の状態になります。そんな時は怒りと憎しみに満ちた鬼の形相をしますが、まさに人の形をした鬼そのもの。それがこの人たちの本性です。

「攻撃は最大の防御」さながら感情が赴くままに口から出るその言葉は、まるで程度の低いガキのケンカそのまま、相手をねじ伏せたい、罵倒したい、けなしてとことん貶めたい、ただそれだけ。

またターゲットを罵倒する時の言葉は、ターゲット自身のことというよりむしろ、あなた自身のことじゃない?という場面が多々あります。脳の構造が特殊すぎて、誤変換を起こしているのかもしれません。

対処法

後先考えず衝動的に行動するので、工夫次第では多くの人にその様子を目撃させることが可能です。被害に合われた方はできるだけ多くの証拠を残すようにして、その本性を広く周囲に知らしめるようにしてくだい。

ターゲットを罵倒するときの言葉をよーく聞いていると、自身の弱点が見えてきます。自分がされて嫌なことを他人にするのがモラハラ女なので、「この人自身が他人から言われたくない言葉をこちらに投げかけているんだな」ということに気づきます。

例えば「性格が悪い」とあなたを罵倒したなら、その人自身が過去に「性格が悪い」と他人から言われて深く傷ついたということです。
相手の攻撃の言葉の中に自身のコンプレックスが潜んでいると考えると、攻撃されて頭に血が上り、売り言葉に買い言葉で言い返すなんてもったいない。

むしろ相手の弱点を探るために、そんなときこそ冷静に聞き取ることをオススメします。

息を吐くように嘘をつく

どうでもいいようなことで嘘をつくのが両者の特徴。どうせつくならもっと上手につけばいいのに、すぐにわかる嘘をつくものだから最終的に辻褄があわなくなり、嘘を嘘で塗り固め、最終的には支離滅裂になるのが特徴です。病的なのは支離滅裂になってもなお、よどみなく嘘を貫き通そうとするところ。

その場を切り抜けることにしか意識が向いてないのか?

自分の嘘を本当だと思ってしまうのか?

引っ込みがつかないのか?

本人は嘘をついている実感はありません。よって罪悪感も皆無です。だから息を吐くように平然と嘘がつけるのです。

平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫) [ M.スコット・ペック ]
自分を守るため・大きく見せるための嘘ならともかく、厄介なのは、人を陥れるための嘘(ほぼ妄想)をついて周りに吹聴し、「さぁ、みんなで攻撃しよう」という流れに持っていこうとすること。

対処法

先を考える力がなく、その場その場の目先だけを乗り切ることにしか意識が向いてないからそうなるのでしょう。

このような人がもし身近にいるなら、その嘘に振り回されないためにも、周辺で協力して発言内容の信憑性を確認し合うネットワークを駆使してみてください。

どうでもいいような嘘・自分に関係のない嘘に対しては基本的にスルーでいいのですが、問題は人を陥れるためにつく悪質な嘘への対処法です。

意図的に悪い噂を流すというのはとても厄介ですが、相手の言動を改めさせるよりも周囲への働きかけ、つまり自分の信用度を高める行動をしたほうが手っ取り早いです。人の口に戸は建てられない以上、防衛対策に頼るしかありません。

日々真っ当に暮らしていけばおのずと信用度は高まり、仮に自分の知らないところで悪い噂を流されても「あの人はそんな人じゃない」と、悪い噂を打ち消してくれる人が必ず出てくるはずです。

人を見て態度を変える

力がある人・声の大きい影響力がある人にはいやらしいほど媚びへつらい、そうではないと判断した人を露骨に見下すような態度を取るのが特徴です。

歯の浮くようなごますりの成果で運良くその人たちから受け入れてもらった思うやいなや、自分が偉くなったと勘違いし、本性を表します。それまでの低姿勢な態度はどこへやら。たちまち上から目線で偉そうで横柄な態度をとるようになります。

この落差こそが病的である証。表面ツラの調子の良さに惑わされず、支配的な本性を表してからの姿をトクとご覧あれ。

対処法

人間関係を上か下かでしか考えられず、かつ本物の人との繋がりとは何かを知らないからそうなるのです。人は自分を優位なポジションに立たせるための道具くらいに考えているから人を見て平気で態度を変えるのです。

やたら優位なポジションにつきたがるその理由は、常に上から目線で他人を見下したい・コントロールしたいという強い欲求があるからです。

そのような特性を利用するのも一つの手です。その人が媚びへつらう有力者からの信頼を、被害者であるあなたの方がいち早く得るにはどうしたら良いかを考えてみてください。

本物の有力者は調子よくヘラヘラとおべっかばかり使う人よりも、多少ぶきっちょでも心の底から信頼できる人を求めているはずです。なぜなら有力者ほど孤独で、心の繋がりを求めている人が多いからです。

なので媚びへつらうといった小手先の手法ではなく、正攻法で信頼を得るためのいちばんの近道は、やるべきことをコツコツと地道にこなして成果を出す。一見遠回りに見えるかもしれませんが、急がば回れ。それが必ずや吉と出るはずです。相手がうっかり手出しできないような存在になってください。

自分はいつも正しく悪いことはすべて人のせい

自分が不利になると加害者のくせして被害者ヅラをする摩訶不思議な思考回路は、究極の自己中によくある考え方の特徴です。被害者でいれば相手よりも有利に立てると過去に学習してしまったのでしょう。

元教師Aの陰湿ないじめも隣人Bがやった車への傷も、誰がどう考えてもやった側が悪いのですが、ふたりとも自分が悪いとは微塵にも思ってない様子。むしろこちらが加害者で、自分のしたことは正義の鉄槌くらいに思い込んでいるみたいです。

最初のうちこそ多少の後ろめたさを感じていたかもしれませんが、脳内で必死に自己正当化し、いつのまにか正当化したことが事実になっています。そこに持ち前の口のうまさが加わって周囲に泣きつき、いつのまにか被害者が悪者に仕立て上げられる事態になります。

この「自分はいつも正しい」と思う裏側にあるのは、恐ろしいほどの劣等感。自分が劣っていて劣等感を抱いていることを断じて認めたくないので、それを感じさせる相手を嫌悪し、果ては憎悪するようになるのです。

対処法

責任転嫁するための言い訳も論点のすり替えも、口だけは達者な彼女たちの常套手段ゆえ、信頼できる人たちでネットワークを強化する、証拠を集めて言い訳がきかない場に引きずり出す、権力者に協力を得て上からガツンと叩いてもらうなどの対策が必要です。

【補足】ただし、相談相手は慎重に選ぶ必要があります。人選を間違えると逆効果になるのでくれぐれも慎重に
それでも相手は納得せずに恨むでしょうけど、孤立無援の状態に追い込めば少しは頭を冷やすのでは?

やはり、とことん懲りさせなければダメです。

大人のいじめを身近な人に相談するときに注意したい3つのこと 結婚するまでいじめには全く無縁だった私が、まさか大人になってからいじめの被害を受けるようになるとは思ってもいませんでした。 ひとつは持...

睨みつけて威嚇する

これも二人に共通する特徴。顔を合わせるたびに鬼のような形相で睨みつけられます。若ければ若気の至りとか、昔やんちゃして…みたいな言い訳にもなるけど、高齢のバアさんが未だにそんなことをやっている恥ずかしさを自分で感じないところがすでに病的。

なぜ睨むのか?

小心者が必死になってイキってることに加え、思い通りにならない相手への怒り、嫌悪・憎悪、攻撃することしか頭にない、相手を威嚇しプレッシャーを与えたい、自分の強さをアピールしたい、不愉快な気持にさせたい、自分の苛立ちを伝えたいなど、一般人の想像をはるかに超えたどす黒い感情があるものと思われます。

【補足】睨む以外にも、普段から目線がおかしい。じっと人を凝視したり不自然にそらしたり落ち着きがなかったり。総じて爬虫類のようなギラギラした目つきをしているのが特徴

対処法

街で危険な893さんに会ったら極力関わらないようにしますよね?

泥酔して片っ端からケンカをふっかけるような、おかしな人にも関わりませんよね?

危険走行する車からも離れますよね?

いい大人が未だにそんな程度の低いことをやってる時点で、人に害しか与えない、絶対に関わってはいけないレベルです。邪悪な人には「君子危うきに近寄らず」を徹底し、おぞましいので視界に入れないことだけを徹底しましょう。

ある程度の年齢になると生き様が顔つきに出ると言われています。と考えると、これまでどんな惨めな人生を歩んできたかも想像できてしまいまね。

幼稚・精神年齢は5歳以下

やることなすこと自己中心的な考え方に至るまで、すべてにおいて子供っぽいのが特徴です。幼児にありがちな万能感がいまだ捨てきれてない、自信過剰な言動がそこかしこに目立ちます。

その一方で、とても小心者で根強いコンプレックスに悩まされている様子が垣間見え、普通の人とは何か違う、とてもアンバランスな面がそこかしこに見受けられます。

健全な精神を持ち合わせているなら、成長するにつれ幼児的万能感は少しづつ消失し、やがて等身大の自分を受け入れ認めることで自分らしく生きていけるのですが、それが抜けきれないでいると、このような不安定な精神状態になるのです。思いどおりにならないと何かのせいにして言い訳したり、はったりや負け惜しみを言ったりするのもこのためです。

対処法

一見自信満々に見えて実は生きづらさを感じているはずなので、相手を変えようなどと思わなくていいです。ずっとずっと生きづらさを感じさせながら生活させてあげましょう。

陰湿ないじめは理由も対処法も意外とシンプル!
陰湿ないじめは理由も対処法も意外とシンプル!人がいる限り、いじめはなくならない…。 今、陰険ないじめを受けている方にこう言い切ってしまうと、希望も光もなくなると思いますが、これは...

自分からあえて何かしなくても、このような人間性はいずれ周囲に知れ渡ることになり、やがて淘汰されていくはずです。因果応報は必ずあります。かまってるほど暇ではないと思うなら、上に挙げた要所要所のポイントを抑えた上で、あとは勝手にさせておくのも一つの手。

仮に一時期粘着されて嫌がらせをされても、相手はたかだか精神年齢5歳程度のガキだから恐れることはありません。大人の知恵を駆使して頭脳戦で対処することをオススメします。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。

お急ぎ配送料が無料!PrimeVideoなら話題の映画が見放題!100万曲以上聴き放題のPrime Music!本・漫画・雑誌読み放題!Prime会員限定のタイムセールでお得に買物!特典満載のAmazonPrimeに、今すぐ登録しよう!