Essay

意地悪な女に共通する3つの特徴と対処法

女性の世界にありがちな人間関係の悩みといえば、陰湿な手口によるいじめです。そんな意地悪な女には、ある3つの特徴があります。

この記事では意地悪な女の特徴と対処法をご紹介します。

意地悪な女の特徴

意地悪な女は地域や職場、趣味のサークルなど様々な場所に一定数はいるものです。代表的な手口は嘲笑ってバカにしたあげくマウントを取る、憎まれ口やイヤミを言って挑発する、無視、仲間外れ、評判を貶めるための陰口や噂話など。

それをするためには自分に加勢してくれる仲間が必要なので、傍らには常に取り巻きを侍らせ、集団で行動します。

子供の世界にいたいじめっ子がそのまま成長したような内面を、精一杯大人のフリで「いい人」に見せかける演出だけは怠らないのが大人のいじめ。なので手口は周到で狡猾、しかも浅ましい。

以下に代表的な特徴を挙げていきます。

1.年齢の割に幼稚

とにかくやり方が幼稚。精神年齢2〜3才くらいに感じることがよくあります。しかもセコい。例えばみんなに配るお菓子を、ターゲットにだけ配らないなんていうのは日常茶飯事。

お菓子外しをする人の心理と特徴ある集団で、みんなに均等に配るべきお菓子を、自分の気に入らない人にだけ配らない「お菓子外し」という言葉を聞いたことがありますか? これ...

たかがお菓子、「いい大人が」と思ってしまいますよね。恥ずかしくないのかしら?

子供っぽすぎて、もう失笑。

世間体を気にする

また人前では一応挨拶をするけれど、お仲間がいるときや人目がないところで露骨に無視するというのも代表的な手口。

このように多くの人の目がある場所では誰の目から見てもいじめだと見なされるようなことをしません。でもターゲットにだけ悪意を伝えるようにする小賢しさがあるから厄介なのです。きっとターゲットが怒り出すのを待っているのかもしれませんね。

これを見る限り、一応頭の中ではやっていいことと悪いことの区別はついているようです。自分の「いい人像」を保つために人前では精一杯後ろ指を指されないように気をつけているけど、感情のコントロールが苦手なので心にブレーキがかけられず。だから目立たない場所でセコセコと意地悪な行為に励むのです。権力者に弱い人ほどこういった手口をよく使います。

それにしても人に隠れて悪さをするというこの精神的なストレス、いかばかりかとお察しいたします。きっと神経が休まらず、長生きなんてできないでしょう。

古くから因果応報という言葉もあるくらいですし、人に意地悪をすること自体が精神的にアンバランスであることの証ゆえ、どのみち幸せにはなれないでしょう。

2.かつて批判してた人と同じことをする

とにかく批判家。なんでもかんでも批判と否定から入る。当然悪口も多いです。それだけ細かいことをチェックできるというのは、暇で暇でしかたがない表れ。もっともらしい理屈をこねて、偉そうにあれこれダメ出ししては自分の存在を誇示しようとします。そんな時は「自分の正しさ」に酔っているかのよう。御高説をまくしたてては立派な人を演じます。きっと自分は特別な人間だと思いこんでいるのでしょう。

でもその後の行動がいけない。かつて批判してた人と全く同じことを、自分も平気でしでかします。

「私は昔嫁いびりされて苦労したから、お嫁さんを絶対に大事にするの」とかなんとかきれいごとを言ってた人がいざお嫁さんが来ると、とたんに意地悪なお姑さんになったりするでしょ?あれと同じです。

他人に厳しく自分に甘い。だから「人のことを言う権利があるのか?」となるのですが、正当化がうまいので、あの手この手であらん限りの苦しい言い訳を重ねます。論点のすり替えなんて見る人が見ればかんたんにわかるのですが、当人にはわからないようです。

なぜそうなるのか?

その場を乗り切ることにしか意識が向いてないからです。その場しのぎの適当な言い訳ばかりしていれば、自分が言ったことをいちいち覚えてられるわけはありません。毎回言うことが違う矛盾だらけの言い訳を、恥ずかしくもなく平気で言えるのはこのためです。

3.異常に嫉妬深く、くだらないことに対抗意識を燃やす

どんなことにでも嫉妬します。その中で特にこだわるのは「誰と誰が親しくしているか」という部分。そこに割って入り込み、他人の人間関係を壊して喜びを得ているのか、選りすぐりの低レベルの人間ばかりを集めて、自分にとって居心地の良い世界を作るための派閥拡大でも目論んでいるからなのか、おそらくその両方でしょう。

取り巻きはいても友達はいない

そんなことでしか優越感を抱けないのは、これまでの人生で取り巻きは作れても、まともな人間関係を築けなかった証です。(その取り巻きもまた自己愛やボーダーなど、ロクなのがいないというお粗末さ)

「共通の敵」で団結したグループが長続きしない理由
「共通の敵」で団結したグループが長続きしない理由「あいつ、むかつく」と、ポロッと出た本音に「わかる、わかる、マジむかつくよねー」みたいな肯定の言葉を誰かが発したとたん、両者の距離がグン...

真の友達がいるなら、他人の交友関係なんて興味ないはずですからね。

このように表面は突っ張っていても、中身は空虚。がらんどうの自分を埋めることに精一杯なのです。当然愚痴も多いです。

意地悪な女への対処法

以下の記事にも書いたように、意地悪な人にはスルー力で乗り切るしかありません。

失礼な人は幼稚な人。対抗策は無視ではなくスルー力しかない
失礼な人は幼稚な人。対抗策は無視ではなくスルー力しかない失礼な人ってどこにでもいますよね。失礼な人には二種類あって、明確な悪意を持つタイプと、悪気はないけど無知ゆえに失礼な態度をとってしまうタ...

相手は変わらない・変えられない

相手を変えようなどという無駄な労力に時間を費やしてはいけません。大人になってまで陰湿ないじめをしているような人につける薬はどこにもありません。不治の病だと思って潔く諦めましょう。

攻撃されたとしてもまともに関わってはいけません。「ヤバい」と思ったら、無視してソク距離を取りましょう。

仮にいっとき相手が有利で、あなたがハブられて不利な立場に追いやられる時期があるかもしれません。口達者で外面だけは異常に良いから。

でもご安心あれ。誰かをいじめることで団結するグループなんて絶対に長く続きません。そういう人が作る人間関係は脆いので、いつか必ず綻びが露呈するはずです。

また有利・不利も表裏一体。悪い時期が永遠に続くこともありません。

これは相手についても言えること。

今、意地悪女が幅をきかせていたとしても、ずっとそのポジションを守れるわけではありません。もしかしたら周りもとっくに気づいてはいるけど「あの人はああいう人だし面倒な人だから」みたいな理由で、わかった上で適当に調子を合わせているだけかもしれません。

世界は驚くほど広い

悪い時期だからこそすべきことがあるとするならただひとつ。あなたはあなたにとって居心地のいい環境に身を置き、心から信頼できてリラックスできる人とだけ交流を続けましょう。仮に世界中を敵に回したとしても、一人でも自分を理解してくれる人がいれば、それが大きな力になるはずです。

今の環境にそれがないなら、別のフィールドで探せばいいのです。どこかに必ずほっと一息つけるような場所は必ずあるはずです。「ここしかない」と思うから苦しくなるのです。

世の中は驚くほど広いです。狭い世界でマウントを取りたがる人の呪縛からは、さっさとおさらばしましょう。

同じ土俵に立たない

意地悪な人から逃げることは、決して負けではありません。

同じ土俵に立たない限り、勝ちも負けもありません。「勝負すらしてあげない」くらいの気持ちで堂々としていましょう。あなたは何も悪くないのだから。

また何らかの事情で物理的に距離を取ることが難しいなら、自分の中で相手との付き合い方に関するルールを作りましょう。

例えば必要最低限の会話(挨拶や連絡事項程度)はするけど、自分のプライベートについては一切語らず、それ以外の不要な接触も一切しない、といった工夫は必要です。

イラッとしたら?

とはいえ、あまりにも幼稚で露骨ないじめを頻繁にされたら内心穏やかではいられないと思います。そんなときはこう考えてみてください。「相手はIQの足りない気の毒な悪ガキ」

自分と同じ大人だと思うから心が苦しくなるのです。でも相手が右も左もわからない、脳も心も未発達な悪ガキだったらどうでしょう?

精神年齢2〜3年才。うちの犬の方がはるかに賢いです。そんなのを相手に目くじら立てることの方がバカバカしいと思うし、恐怖なんて感じないでしょ?

「いやいや悪ガキだなんてもったいない。相手は人間じゃない」と思うなら、石ころとか錆びたネジにしてもいいです。「使えないネジだなぁ、邪魔な石ころだなぁ」とは思っても、いちいち腹が立つことはなくなるのではないですか?

このように同じ土俵ではないはるか遠い距離まで離れて、斜め上から生暖かく「気の毒な人」と憐れんであげましょう。

身近にいる攻撃的な人への超効果的な対処法
身近にいる攻撃的な人への超効果的な対処法「この世で自分がいちばん偉い」と思い込み、些細なミスを大げさにあげつらう人。鬼の首でも取ったようにいつまでもネチネチとイヤミを言う人。場...

いざというときのために弱点を把握する

相手の弱点やコンプレックスは相手の言葉の中でいくらでも確認できます。

例えばやたら「私は年だから〜」が口癖の人、自分を卑下してその言葉を発する人は、自分の年齢に強いこだわりを持っている証。他人から言われたくなくて、自分から先回りしてその言葉を口にするのです。

意地悪な人は自分がされて嫌なことを他人にするので、他人を攻撃するときは、自分がもっとも言われたくない「年齢」に関する嫌がらせの言葉を相手にぶつけます。

例に挙げた年齢の件、若い女性が年上の女性に言う場合は、マウントを取る意図もあります。

そう考えると、何を言われても余裕に感じるのではないですか?

そのため日頃の言動をチェックして、相手のコンプレックスを見極めておくといいでしょう。

意地悪な人の願いを叶えてはいけない

あなたはあなたでやるべきことがあります。それは「相手がそれ(意地悪)をする原因と目的はなんだろう」を第一に考ることです。おのずと相手のコンプレックスが見えてくるはずです。

陰湿ないじめは理由も対処法も意外とシンプル!
陰湿ないじめは理由も対処法も意外とシンプル!人がいる限り、いじめはなくならない…。 今、陰険ないじめを受けている方にこう言い切ってしまうと、希望も光もなくなると思いますが、これは...

例えば相手があなたの評判を落とすために悪口を言うのであれば、あなたの評判の良さに対する嫉妬なので、あなたはもっともっと良い評判や信頼を得るように自分を高めればいいのです。

良いポジションにつきたいからとあなたを貶めるのなら、誰にも有無を言わせないような結果を出して相手がつきたいと思うポジションにちゃっかり座ればいいのです。

あなたの幸せに嫉妬しているなら、もっともっと幸せになって余裕を見せればいいのです。

あなたの困った顔を見たくてやってるなら、ビクビクしたり、困ったそぶりを見せてもいけません。ぜったいに相手の目的を叶えてはいけません。

このように意地悪な人がいちばん嫌がることを正攻法でやってのけるという目標を作り、その目標達成に向けて日々淡々と涼しい顔して生活すればいいのです。やがて相手はカッカしてブーメランで自滅し、事態は好転していくはずです。

意地悪な女を痛快にやっつけるとっておきの復讐方法 少しくらいの意地悪というレベルではなく、人としてもっともタチの悪い、病的なまでに意地悪な女を、痛快にやっつける方法についてご紹介します...
ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。
  • お急ぎ配送料が無料!
  • PrimeVideoなら話題の映画が見放題!
  • 100万曲以上聴き放題のPrime Music!
  • 本・漫画・雑誌読み放題!
  • Prime会員限定のタイムセールでお得に買物!
  • 特典満載のAmazonPrimeに、今すぐ登録しよう!