Essay

身近にいる攻撃的な人への超効果的な対処法

身近にいる攻撃的な人への超効果的な対処法

「この世で自分がいちばん偉い」と思い込み、些細なミスを大げさにあげつらう人。鬼の首でも取ったようにいつまでもネチネチとイヤミを言う人。場所もわきまえず、露骨に失礼な態度を取る人。揚げ足取りでしか自分の立場を守れない人。

もし身近にそんな攻撃的な人がいたら、腹も立つし、神経が酷く消耗します。どうかすれば相手の挑発に乗って、思わず言い返したくなる時もあるでしょう。

でもそれだけは、断じてしてはいけません。それよりもっと効果的な対処法をお教えします。

ブッダに学ぶ対処法

以下はブッダの教えです。

「あなたが家で客人に差し出した食事を、もしその客人が食べなければ、その食事は結局あなたのものになるだろう。
それと同じように、私はあなたが差し出した悪口を受け取らない(食べない)。
その悪口は、差し出したあなたのものだ。そのまま持って帰るがよい」

上記の言葉で考えるなら、悪口や攻撃的な態度は毒入りの食事と同じです。

毒を食べれば体を壊す。そんなことは誰だって知っているから口にすることはしません。

だから、箸をつけずに残す。絶対に受け取らない。

毒入りの食事同様、攻撃的な人への効果的な対処法は、それしかありません。

もちろん同じ食卓を囲まないようにする工夫も必要です。でも相手が身近にいれば、望まなくてもそんな機会に遭遇するでしょう。もし不運にも同じテーブルについたら、”毒”を受け取らないことだけを心がけましょう。

攻撃の仕方でその人の恐怖がわかる

攻撃的な人は自分の中に抱え込んだ大量の毒を、どう解消していいのかわからない状態です。

自分の嘘など全く通用しない、思いどおりにならない相手への怒り、嫉妬、苛立ち…。毒の内容は個々に違います。

でも共通するのは恐怖にも似たジレンマを抱えているということ。だから目につく自分の気に入らない相手にその毒を分け与え、自らが抱え込んだ毒を軽くしようとしているのです。

揚げ足取りやあら捜しで優越感に浸ろうとする人の心理
揚げ足取りやあら捜しで優越感に浸ろうとする人の心理誰得にもならない揚げ足取りやあら捜し。 重箱のすみをつつくように、些細なミスや言い間違いを大げさにあげつらう、そんなセコくてイヤミ...

例えば些細な事で相手の非を攻め立てるという行為。それは相手に罪悪感という毒を植え付けるのが目的です。それをわざわざ人前でやるのは、周囲に対して相手の落ち度を明かすことで、自分の正当性をアピールしたい、恥をかかせたいという狙いもあるでしょう。

でもそれは、世間一般の考えでは逆効果です。己の陰険さが浮き彫りになるだけでなく、それまで無関心だった周囲の関心を呼び込むからです。しかし、その場の勝ち負けしか頭にない本人には、それがわからないのです。だからそれを逆手に取り、周囲の目を利用するのも効果的です。

蒼じゅりあ
蒼じゅりあ
見る人が見れば、自分に罪悪感がないなら最初からそんなことをする必要はないと容易に判断できますけどね。動物だって恐怖がなければ、攻撃なんてしませんもの。

「受け取る」とはどういうこと?

問題は、どうしたら相手の毒をそのまま相手に持ち帰らせるか?ということですよね。

一切反応しない、取り合わない、言わせておく、感情を乱さない、乱す素振りを見せてもダメ。「同じ土俵に立ったら、反応したら、関わったら負け」くらいに思っておきましょう。

相手の攻撃に思わずカッとなって言い返すなんて、まんま相手の思うツボ。それは絶対にしてはいけません。まずは怒りを手放すトレーニングをしていきましょう。

相手にされないことがいちばん悔しい

そういう人は、理由やきっかけなんてどうでもいいのです。頭に血がのぼり、攻撃することだけが無意識の目的になっているわけですから、いくら攻撃しても相手から何の反応もないことがいちばん悔しいのです。

きっと自分の存在そのものを否定された気分になり、バカにされた、おちょくられたという心境になっているのでしょうね。だからより一層悔しがらせましょう。そういう人には徹底的に無視をしましょう。

反応しないのが効果的な理由

思い通りにならないからと道路に寝転んで地団駄踏んでいる子供を思い浮かべてください。「反応する」というのは、それに根負けして悪ガキの言うことを聞いたり、その場を早く終結しようとして、怒鳴りつけるのと同じです。

この手の悪ガキは、怒鳴りつけられれば「可愛そうな自分を見て」とばかり、さらに泣きわめきます。

でも一切反応しなければどうでしょう。そのまま放置していれば、やがて疲れて諦めるか、周囲に呆れられるか…。勝手に泣いているんだから、笑われて恥をかくことはあっても、同情を引くことはまずありません。

もしかしてここまで読んで「わかっているけど、それができれば苦労しない」と思いました?

でも私、昨日それができたのです。しかも、かなり効果的に!

これ以降は体験談です。

大人と思うな!出来損ないのガキと思え!

ここしばらく私を悩ませている人物は、元・小学校教師。

保身は攻撃を生む
保身は攻撃を生む人はどんなに高い教育を受けていても、かつて人を教育する立場にあった人でも、状況次第ではかんたんに良心を捨て去ってしまうようです。つい最近...

これが教師というだけで呆れるし、恐ろしくもあるのですが、昨日もいきなり血相変えて私につっかかってきました。

数日前、返事のしようもない、取るに足らない報告のメールをもらいました。こちらが返信をしないでいたら、顔を合わせるなり凄い剣幕で私にこう言いました。

「みんなは返事をくれたけど、返事をよこさなかったのはあなただけ!」

しかもそれをしつこく二度も繰り返す執念深さ。これ自体がその人の性悪さを露呈しているのに、本人はそこに気づいてない。ただその時の顔は「言ってやったぜ」という顔ではなく、脅かされいる人の顔つきに見えました。目が血走った、危ない人の顔でした。

「また始まった」と思い、軽〜く「ああ、ゴメンゴメン」と適当にあしらい、その場は終わり。

その瞬間相手は拍子抜けし、呆気に取られた表情をしてました。私が何か言い返してくるのを待っていたのでしょう。

それを見て、相手の攻撃を封じ込めるにはこれしかないと確信しました。私はすぐさま話題を変え、「オメーなんて相手にしないよ」とばかり、何事もなかったかのように、他の人と楽しく談笑しました。

私にスルリと交わされた元小学校教師は、当然その輪に入ることもできず、どことなく寂しそうにしていました。

「攻撃のチャンス!」とばかり、後先考えずに攻撃したはいいけど、自分の首を締める結果に終わったのです。きっとプライドがズタズタに傷ついたことでしょう。

蒼じゅりあ
蒼じゅりあ
あら、お気の毒…

繰り返します。徹底的に無視をしましょう。

頭に血を上らせて、自発的に卑小な姿を公にすることが目的です。

人前で晒すのが一石二鳥

何がよかったって、みんなの前で性格の悪さを晒せたこと。

常に「正しい人」でありたいのに、そうでない自分の本当の姿を知っている私が邪魔でしかたがない。だからイヤミたっぷりにどうでもいいことを大げさにあげつらって、私の印象を悪くしようとした。でもそのやり方の方がはるかに子供っぽくてえげつないのです。

一方私はそれに対して感情的にならずに、無視という大人の対応をしたことで、一枚上手の印象を与えました。

異常なまでに世間体を取り繕う割に、こんな風に人前で毒づく性悪さを平然とやってのけるということは、中身がそれだけ幼稚なのです。幼稚な人はカッとなれば、後先を考えずに衝動的な行為をします。それを人前で晒すチャンスを数多く作れば、結果的には勝ちに繋がるのです。

失礼な人は幼稚な人。対抗策は無視ではなくスルー力しかない
失礼な人は幼稚な人。対抗策は無視ではなくスルー力しかない失礼な人ってどこにでもいますよね。 ネットには「失礼な人に言い返す方法」や、対応策についてあれこれ書かれています。 でも私か...

私は一切関わることなく、自分の手を煩わせることもなく、みんなの前で化けの皮を剥がすことに成功したわけですから、一石二鳥じゃない?って思いました。

それまで「どう対処したらいいのか」と、日々頭を悩ませ答えを模索していました。

でも昨日、ようやく一筋の光が見えたように感じたのです。同時に、挑発に乗せられることなく一切相手にしなかった自分を褒めてあげたい気分になりました。だから無視しましょう。

蒼じゅりあ
蒼じゅりあ
まぁ、まともに相手するだけの価値もない人間ですしね…。

最後に

自分の毒を本人に持ち帰らせるというのはこういうことです。

やがていつか、自らがその毒で苦しむようになっても、周囲は誰も助けてくれない状態になるでしょう。そうそう、ブッダはこんな言葉も残しています。

怒りで誰かを懲らしめてはいけません。最後には必ず、その怒りにあなたが罰せられることになります。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。