Diary

関わってはいけない人の特徴

関わってはいけない人の特徴

下手に関わるとロクなことがない人と、運悪く会議の席で隣同士になりました。

昨日私に失礼な態度をとって、ブチギレた人物です。邪悪な人は社会的な立場・地位に関係なく、心に闇がある人を指します。

ある人から露骨に失礼な態度を取られて、それがあまりに不愉快だからつい言い返したところ、肩口を小突かれ「私のことを悪く言わないで!」と、相手はすごい剣幕で言い返してきました。まるで自分が被害者であるかのように脳内で変換し、何かを言ってやりたいというタイミングを探っていたのでしょうね。まんまとひっかかりました。

そのキレっぷりから判断するに、ああ、これは自分の失礼さがわかってない証拠だなと。正しい・間違っている以前に、失礼であることの自覚がないということです。自覚がなければ自戒もない。これはいくら話し合っても無理だと感じました。

同時にその態度から、知性はおろか大人としての品性が全く感じらず、感情のコントロールができない幼稚な人──もっと言えば粗野で野蛮な人──という印象を受けたので、これは下手に関わると、ロクなことはないと感じました。

失礼な人は幼稚な人。対抗策は無視ではなくスルー力しかない
失礼な人は幼稚な人。対抗策は無視ではなくスルー力しかない失礼な人ってどこにでもいますよね。 ネットには「失礼な人に言い返す方法」や、対応策についてあれこれ書かれています。 でも私か...

昨日の今日なので、隣同士になったというだけで、一瞬「どうしようか」と思いましたが、互いに何事もなかったかのようにポーカーフェイスを貫きつつ、私はしっかり相手を観察してました。

その結果得た結論、それは、関わってはいけない人物にはこんな特徴があるんだということ。以下にその特徴を書いていきます。

人を選んで調子よく立ち振る舞う


時におちゃらけ時にヘコヘコしながら、呆れるくらい調子の良さを発揮して「いい人アピール」をしてました。その理由は多分、後ろめたさでしょう。

昨日の出来事は誰がどう見てもその人に非があるわけで、冷静になればわかるはず。表沙汰になっていちばん困るのは本人です。

その不安をかき消そうとするかのように、やたら饒舌で白々しく感じるほどいつも以上にいろんな人に話しかけていました。

でも私にはその姿が「悪いヤツほどよく喋る」に見えました。落差が激しすぎて、ただただドン引き。

表面的には立派な人

調子がいいくらいですから社交性は備わってます。頭の回転も早いし話題は豊富。おすそ分けやお礼など、人付き合い全般においてソツなくこなします。

だから人に取り入るのはとても上手。誰とでもすぐに親しくなれるし、信用を得るのも早いです。そんな表面ツラに騙される人は多いけど、見る人が見れば「どこか何かが違う」という違和感と、抜け目のなさを敏感に感じ取るはず。本当の善人ならそういった違和感は皆無ですからね。

上から目線でわかったようなことを言う

わかったようなことを言うけれど、言ってる内容は誰かの受け売りと聞きかじりです。もう少し掘り下げると、全くわかってないというお粗末さも見えてきます。

また人によって態度を変えます。重鎮には優等生的な発言をする裏で、気心が知れた相手には正反対のことを言います。それを知ってる私は、計算高さに反吐が出そうになりました。

自分の利で人への態度を変える

人を選ぶ基準は自分にとって損か得か。力がある・影響力がある有力者にはいやらしいほどへつらい、そうでない人には上から目線で横柄な態度を取ったりします。

ひとたび敵認定すれば、露骨に陰険な態度をとってきます。それが昨日のブチギレた一件です。

挨拶しなければならない公の場所で、露骨に無視するという子供じみたことをするので、チクッと「無視されちゃった〜」と言ったところ、血相変えて「私のことを悪く言わないで!」とブチギレてきたわけです。隠しきれない動揺…。あれほど慌てるということは、それだけ周りの目を意識しているのでしょう。

私に対してなら、自分は何をしてもいいと思っているみたいです。それは私を下に見ている証拠。だから平気で嘘をついたり暴言を吐いたりできるのです。

でも不思議なのはそれだけ外面を気にする割には公の場所で堂々とやらかすという神経が理解できません。カッとなって後先考えずに感情が先走るだけで、意外とオツムは悪いのかも。

自分は特別な存在だと思いこんでいる

上の項目とも関連するけど、自分より格下の相手なら何をしてもかまわないという考えは、人との関わりを、「上か下か、損か得か」で判断し、下と見なし、かつ得にならないと判断した人物は人にあらずという冷酷な考えを持っている表れです。

この他人に対して冷酷でいられる神経そのものが、自分を特別な人間だと思っている証拠です。

最後に

以上が関わってはいけない人物の特徴です。

ここまで書いてきて確信した。この人、典型的サイコパスだわ。

どんなに調子よく立ち振る舞っても、いずれわかる人にはわかります。この私にもわかったくらいですから。だから、「やらせておけ」と思いました。いつか必ず墓穴ほるから。

なお、以下の記事も同一人物のことです。

保身は攻撃を生む
保身は攻撃を生む人はどんなに高い教育を受けていても、かつて人を教育する立場にあった人でも、状況次第ではかんたんに良心を捨て去ってしまうようです。つい最近...
ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。