同窓会幹事が会費を着服したときの対処法

    • URLをコピーしました!

    楽しいはずの同窓会。でもそこに金銭に絡む不正が発覚したときの落胆は計り知れません。

    筆者もそんなひとりです。同窓会幹事が会計報告をせず、残ったお金を勝手に使い込んだことが発覚したのです。

    Contents

    幹事ビジネス・不正の経緯

    先日高校時代の同窓会がありました。会費は12,000円、85名が出席しました。数年前に1度目を、先日の同窓会は2度目です。

    幹事は2回とも同じ人たちで、前回も今回も会計報告はなく、こちらから残った会費についての質問をしても「ちゃんとやってるよ」とはぐらかすだけで、まともに答ようとしません。

    100万を超える規模のイベントに対し、収支報告書を作成しない。残金に対する説明もない。

    「どうなってるんだろう?」という漠然としたモヤモヤを感じつつ「何ヶ月も前から準備して幹事という面倒なことを引き受けてくれたのだから、多少は仕方ないか」「お金のことは言いにくいし…」などと自分を納得させてきました。

    しかしおかしいと思っていたのは私だけではなかったようで、後に「幹事グループ数人で、残った会費・約20万を勝手に山分けしたらしい」との噂が流れてきました。

    それを聞いたときの正直な気持ち、それは、薄々感じてた疑問に対し「ああ、やっぱりね」という納得感と、「いくら幹事という大変な仕事をしたとはいえ、自分の金と他人の金の区別もつかないような人は信じられないし、同級生から集めた金を無断で使い込むなんて」という、同級生だからこその失望感が交差して、不快な気分になったのは言うまでもありません。

    そしてもっと不快なのは、幹事たちは不正どころか「ご苦労様代」だから当たり前、使い込みは幹事として当然の権利くらいに思い込んでいるのがありありと感じられること。

    以下の記事によれば詐欺罪や業務上横領にもなりかねないのに、図々しいにもほどがある。

    不正を働いた幹事にどう伝える?

    さて問題はここから。

    幹事グループは今のところ、自分たちのしたことが周囲にバレていることはつゆ知らず。

    私は幹事ではないし、幹事グループの何人かとはふつうに話ができる間柄なので、「今からでも会計報告をして、返すものはちゃんと返した方がいいのでは?」と提案することができる立場。

    けれどその伝え方が難しい。

    今までだって会計の明細を出そうとしなかったのだから、やんわりとした言い方では適当に交わされるのは目に見えている。

    かといってキツい言い方をすれば、後々気まずさを残すことになる。もちろんそんな相手と個人的な付き合いをするつもりはないけど、同級生である以上、何かで顔を合わす機会はあるわけで。

    さあ、どうしよう。

    幹事の報酬は必要か否か?

    そこで他の人の意見も聞いてみることに。すると意見はバラバラ。

    幹事としての報酬は当たり前と考える人は、「やってくれているのだから、あまり騒ぎを大きくしない方がいいのでは?」という人あり。

    もちろんそう考える人がいても当然のこと。しかしこれには残金の額が多すぎることから反対意見が多く出ました。

    数千円程度の額なら幹事たちの裁量で使い道を決めてもいいとは思うけど、さすがに20万は多すぎる、というのがその理由です。

    また今回の幹事は出席者に対して収支報告もせず、残金の使い道についての了解を得ることもなく、勝手に自分たちの懐に入れ、数人の幹事グループだけで打ち上げと称して飲み食いに当てたのだから、「なにやってるの?」となるのは当然のこと。

    そもそも「”有志”として自分から引き受けたのだから、報酬を目的にするのは筋が違うのでは?
    また報酬云々と言うなら、今回のような汚いやり方をされるより、幹事代行業者にでも支払った方がよほどスッキリする」という人あり。むしろその方が誰に対しても公平かも。

    要するに「騒ぎだてするな派」は、人間関係重視で臭いものに蓋をしてでも日和見でいたいという事なかれ主義。

    一方反対意見を唱える人は、同級生だからこそお金のことはきれいにした方がいいと考えるタイプで、筋が違うことを嫌うタイプ。

    「報酬が欲しいなら堂々と要求すればいいのに、コソコソやるのは違うでしょ?」ということで、私も後者の意見に賛同です。

    そこで幹事グループには親しい人から上記の意見を伝えてもらい、過去の分も含めた収支報告書の作成と、全出席者への返金をするよう求めることにしました。

    とは言え、すでに飲み会で使ってしまい、お金はないのですんなり応じるかどうかはわかりませんが、みんなにバレて自分たちが分が悪いということだけは伝わるでしょう。

    金銭トラブルの少ない同窓会のやりかた

    こんなこともあって、私たちの反省も大いにあると痛感しました。

    これまできちんとした同窓会ルールというものを作らずにきて、「やってくれるの?じゃあ、お願い」みたいな形にしてしまったことで、本人たちはなにか特別な権限が与えられたとかんちがいしたのかもしれません。

    そこで以下の提案をしました。

    同窓会ルール案
    • お金が余ってもそれは出席者のものだから、収支報告と返金の相談は必須
    • 残金が数千円程度なら次回の準備金に充てる
    • 今後は幹事を交代制にし、誰が担当することになってもお金に関するルールは一定のものにする

    また今回なぜ多めに集めたかと言えば、前回ドタキャンが発生したことで赤字になりかけたため、次は多めに集めようというのがその理由ですが、今回は幸いにもドタキャンがなく、上乗せした分がそっくり余剰金となり、その結果幹事の懐に入ったのです。

    そのため、あるかもしれない・なければラッキーというドタキャンの準備には別予算を立て、参加者からは通信費その等の準備にかかる経費と飲食代のみを集め、極力余剰金が出ないように工夫した予算を算出する、などの提案もしました。

    同級生だからこそお金のことはきれいに扱おう

    個人的な飲み会とは違い、同窓会は大人数で行われるため、幹事さんの労力は計り知れないものがあります。

    「こんなに大変な思いをしたのだから、少しくらい報酬があっても当然でしょ!」と思うなら、堂々と収支報告をした上で参加者からの同意を得てください。

    もし反対されたら潔く報酬は諦めてください。幹事はあくまでもボランティアとしてのとりまとめ役でしかないのだから。

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    Contents