Essay

絶対に付き合いたくないコバンザメのような人

「コバンザメのような人」とは、力のある人にはいやらしいほど媚へつらい、調子よくゴマをすって自分のポジションを確立しようとする人のこと。

その手の輩は「この人にくっつけば、自分が得する」と信じ、金魚のフンのように有力者について歩きます。どこまでも、どこまでも…。

見ているだけで不愉快なコバンザメ女

私の近くにもそんな人がいます。

その人の場合はただゴマをするだけではありません。力のある人にくっついた途端、自分が偉くなったと勘違いします。それだけならまだギリで我慢できるのですが、どうしても許せないのは自分と同等、あるいはもっと力のない人には上から目線で横柄な態度を取ること。

その落差が激しすぎて、それがあまりにも顕で、見ているだけで不愉快な気分になるので、ふだんは近寄らないようにしています。

ところが昨日の会議で運悪く、そんなコバンザメ女と隣同士になりました。おかげで4時間の会議がその10倍くらいの時間に感じて、終わったときには疲労困憊。私はつくづく、こういったいやらしい人は嫌いなんだと実感しました。ちなみにこの人です。

関わってはいけない人の特徴
関わってはいけない人の特徴下手に関わるとロクなことがない人と、運悪く会議の席で隣同士になりました。 昨日私に失礼な態度をとって、ブチギレた人物です。邪悪な人...

案の定会議中、力のある人にはヘラヘラと媚びを売りまくり。必死になってあちこちにお愛想笑いをして歩いてました。

まぁ…大人ですからね。生きていく上で、時には社交辞令も必要だということは、重々理解しています。

でもこれほどなりふりかまわずとなると、「この人にはプライドってものがないのかしら?」と思うのです。

努力の方向をゴマすりなどに費やさず、それだけ渇望している良いポジションが欲しいというのなら、真っ当な形ですべきことを着々とすればいいのに…。

まぁ正攻法で戦えない小者だから、必死にゴマすって生き延びようとしているのでしょう。

コバンザメの最大の餌は「他人のミス」

会議でちょっとしたトラブルがありました。会議に出る人にはお弁当を発注します。ところが出ない人の分まで発注してしまい、そのままお弁当を持ち帰らせる事態になりました。

みんながそれに気づいて「え?あの人、会議に出ないのにお弁当を持ち帰っちゃったの?」みたいな流れになったのですが、いちばん大騒ぎしたのはそのコバンザメ女。

「信じられない、図々しい」
「どういう神経?」
「常識では考えられない」

といった具合に、取るに足らないことを大げさにあげつらっては喜々とした表情を浮かべてました。

ふつうに考えれば発注した側にも落ち度があるはずで、持ち帰った側だけが叩かれるのはおかしいと私は思うのです。

「なら次から気をつければいいじゃない」だけで済む話なのに、しかも自分には全く関係がないのに偉そうに他人を批判している卑小な姿を見た時、思わず心の中でこうつぶやきました。

「アンタ、何様?」

このように、コバンザメの餌は他人のミスです。

誰かを批判することで、自分の正しさが証明できると信じているのです。逆に言えば、それしか正しさを証明する手立てがないということです。だから他人のミスを見つけると、嬉々として大騒ぎするのです。

つくづく、哀れなイキモノですこと。

これぞ深刻な環境汚染

ただ調子がいいだけで、実力もないのに良いポジションを得ようと躍起になるだけでも十分いやらしいのに、それに輪をかけて最悪の人間性を兼ね備えたような人が、もし切望しているポジションを手に入れたとしたら?

さぞかし、最悪の環境になるでしょうね。

そうならないことを、今は祈るしかありません。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。

お急ぎ配送料が無料!PrimeVideoなら話題の映画が見放題!100万曲以上聴き放題のPrime Music!本・漫画・雑誌読み放題!Prime会員限定のタイムセールでお得に買物!特典満載のAmazonPrimeに、今すぐ登録しよう!