Essay

逃げるが勝ち!離れたほうがいい環境の特徴

逃げるが勝ち!離れたほうがいい環境の特徴

「逃げるは恥だが役に立つ」という言葉があるように、良くない環境なら逃げるが勝ち。それは、職場・地域・趣味の世界の人間関係や、大元である組織についても同じことが言えます。

ところが現実には「今の環境はあまり良くないかも」と感じていても、「どうせどこに行っても同じだろう」と諦めて、行動に移せずにいませんか?

それは、本当に良くない環境かどうかの確信を持てないから決断できずにいるのです。

そこで、今すぐ離れた方がいい環境の特徴をご紹介します。

プライベートの時間が削られてしまう環境


仕事も趣味も、それらを取り巻く人間関係も、全ては自分のプライベートを充実させるためのもの。

仕事をしてお金を稼ぐのだってプライベートをより良くするため。趣味だってプライベートに彩りをつけるためのもの。だから、主はプライベートです。

ではブラック企業はどうでしょう?

残業、残業でプライベートの時間は削られ、週末、「やっとプライベートの時間が持てるぞ」と思いきや、日々の疲れで何もする気が起こらず。気がついたら主が仕事になってて、プライベートはおまけみたいになってたら、どう考えても本末転倒です。

ブラック部活はどうでしょう?

「教育」という名のイジメや行き過ぎたシゴキが横行して心身に悪影響を与えるとしたら、本末転倒です。スポーツや部活は本来楽しむためにあるのです。

このように、それを継続することでプライベートが脇に追いやられるようなら、プライベートの時間にまでそのモヤモヤを引きずってクヨクヨ悩んでしてしまうなら、それは良くない環境です。

人がどんどん離れていく、特徴発展が見込めない環境

人が離れていくには理由があります。

長くいるというだけで威張り散らす先輩が幅をきかせ、若く有能な人材が次々に離れていく環境は、将来的な発展は見込めません。遅かれ早かれ限界集落の、少子高齢化の村社会のようになるのは目にみえてます。

これは私が現在所属している、主婦を対象にしたスポーツチームも同じです。

この10年で若い人たちは次々と姿を消しました。クラブ数も減ったし、各クラブの部員数も減っています。その理由は、若い世代が次々と仕事を始めて、平日の活動が困難になっているからです。

残っているのはリアイア後の高齢者ばかり。この世代は専業主婦としてずっと暮らしていた人でも、そこそこの額の年金をもらえるから金も暇もあります。

でも困るのは姑根性まる出しの人。自分がそれでやってきたからと「今の若い人たちは仕事を理由にクラブに来ない」と自分の時代の価値観に当てはめて、不平・不満をまくし立てては潰しにかかる人。当然居たたまれなくなって若い人たちは辞めてしまいます。

問題は残る人の中に一定数存在する、姑の考えをそっくり刷り込まれた小姑。姑はいずれいなくなるからいいにしても、小姑は滞在期間がそれより長いから、厄介なのはこっちかも。一種の負の遺産です。

世代間のギャップは仕方ないのですが、それを押し付ければ長くいる人だけに居心地のいい環境になってしまいます。これでは将来的な発展など見込めません。

自分を見失う環境

元々はこの仕事をしたい、この勉強がしたい、今よりもっと上達したいというシンプルな目的のために始めたのに、継続していく中でどんどん変わっていく人をたくさん見てきました。

その中でも特に残念に感じるのは、欲が出て、面白くなって追求するのではなく、全く違う方向に進んでいく人です。

例えば自分が伸び悩んでいるからと、伸びている人の足を引っ張る人。自分を売り込むために他人をけなす人、媚びることで生き残りを目論む人など。「そもそもこんなことがしたくて、それを始めたのか?」と聞きたくなります。

冷静になって考えれば自分には自分の、他人には他人のペースがあるとわかるのですが、プレッシャーが強い環境に身を置くと、自分を見失って進むべき方向性を間違える人は多いです。

そうならないためには始めた頃の目標はなんだったか。その頃の気持ちはどうだったかを、定期的に振り返る必要があります。ほんの1週間そこから離れるだけでも、いろんなことが見えてきます。

あわせて読みたい
迷ったら一週間だけ離れてみよう
迷ったら一週間だけ離れてみよう「仕事や人間関係に疲れた、今の環境が本当に自分に合っているのだろうか?」 人は常に順調とは限りません。心に迷いが出てくると、ふと「...

それさえできない環境なら、それは成長とは対局に位置する、典型的離れた方がいい環境です。

残っている人を見ればその環境がわかる

環境の良し悪しは、自分との相性です。「こんな意地悪な人ばかりの環境はイヤだ」と思っても、元々底意地の悪い人にはそこが合っているから、その人にとってはいい環境と言えるでしょう。

どんな人がそこにいるかでその環境の良し悪しがわかります。いい環境は悪い人が居づらくなるので、いい人しか残りません。悪い環境はこの逆。いい人が居づらくなって、悪の巣窟みたいに凄いことになっているのです。だったら当然逃げるが勝ちですよね。むしろ逃げない方が恥です。

また一見良い人に見える邪悪な人もいるので、気づいたらソク、行動に移すことをオススメします。

あわせて読みたい
関わってはいけない人の特徴
関わってはいけない人の特徴下手に関わるとロクなことがない人と、運悪く会議の席で隣同士になりました。 昨日私に失礼な態度をとって、ブチギレた人物です。邪悪な人...

最後に

このように、いくつかのポイントをチェックすれば、残るべき環境か、離れた方がいい環境かがわかります。上手に逃げ延びて自分のプライベートを充実させていきましょう。

それでもどうしても勇気が持てないなら、以下の記事もどうぞ!

あわせて読みたい
引き際をポジティブに!何かをやめたいと思ったときに確認したいこと
引き際をポジティブに!何かをやめたいと思ったときに確認したいこと何かを始めるよりも、今までずっと関わってきたことから身を引くのはとても勇気がいること。 気持ちはやめたくてしかたないのに、その勇気...
ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。