Essay

仕切り屋がもっとも苦手とするもの

仕切り屋がもっとも苦手とするもの

女ばかりの集団に、必ずいるのは仕切り屋さん。

数人でお喋りしていると、お山の大将さながら、必ずそのど真ん中にデーンと居座ります。そんなときはいつも声が大きく押しが強いです。

歯に絹着せぬ強気の発言ばかりしているから、実力があるのかと思いきや?

中身を知ると、実はたいしたことがない。

何かあれば「あれをやれ、これをしろ」と、次々と人に指図するからリーダーシップがあるのかと思いきや?

実は面倒なことを、調子よく他人に押し付けているだけ。そう、彼女たちは自分がいいとこ取りをしたいからやたらと仕切るのです。

このように仕切り屋さんは言うこととやることのギャップが大きく、それがあまりにも顕すぎるから、見ていて本当に滑稽です。

日頃の言動を見る限り「怖いもの知らず」をイメージしますが、実は仕切り屋さんにも苦手なものがあります。

それを知っておけば、うっとうしい仕切屋さんを黙らせることに成功するかも?

そこでこの記事では”なんちゃってリーダー”の仕切り屋さんが、もっとも苦手とするものをお伝えします。

真の実力が試される場では逃げ腰になる

 
強気な言動は、人前で自分を大きく見せるため。自分を等身大以上に見せたい表れです。実力のなさを自分がいちばん良く知っているから、傲慢な態度にすがるしかないのでしょう。

そんなことをするよりも、真の実力者から素直に教えを請うような態度を見せればいいのにと、いつも思うのですが、無駄に高いプライドが邪魔をして、それができずにいるのです。

そのためハッタリや言い訳が通用しない場所、例えば試合や試験など結果が全てという場所をもっとも苦手とします。そのような場に直面しそうになると、あの手この手と山のような言い訳を用意して、全力で逃げようとします。

もし黙らせたいと思うなら、そういう場所に引きずり出して、等身大の自分をわからせてあげるのもひとつの手です。

真のリーダーの前では、仲間がいないと借りてきた猫になる


自分が中心に立ちたいという思いが強いため、実力者には並々ならぬ対抗意識をむき出しにします。言葉尻を捉えて揚げ足取りをするのはもちろん、わざと反対意見を持ち出してみたり…。実に子供っぽいことを平気でやってのけるわけですが、そのやり口が稚拙。

例えば実力者の意見がA案だと事前にわかれば、影で根回しして正反対の意見・B案に同調させようと、子分たちに言い含めます。根回しが功を奏して子分たちの同調が得られれば、強気で反発。B案をゴリ押しします。

ただし仕切り屋さんにとってはA案でもB案でもどちらでもよくて、ただ実力者に反発したいだけのB案ゆえ、中身は説得力に欠けています。そのため子分たちからの賛同を得られない場合もあります。

そうなると表立って逆らうことはしません。その場では比較的おとなしくしています。言ったとしてもせいぜいツッコミ程度。しかし実力者が持ち出したA案が通れば後でブーブー文句を垂れ流します。世間一般ではこれを「負け惜しみ」と言うのですが、本人はご意見番のつもりでいるようです。

このように仕切り屋さんにとっての”お仲間”は、信頼関係で繋がっているのではなく、自分が上に立つための道具程度の位置づけです。そのため仕切り屋さんが好むのは、そこそこ力があって口答えをしない人。適当に自分をヨイショしてくれる人。

逆に苦手とするのは、自分の言いなりにならない人。意のままに扱えないような人は、真のリーダーの次に苦手なはずです。

なのでもし黙らせたいと思うなら、何も考えずに同調するのでなく、誰が言ったかではなく、A案B案の内容だけで判断することをオススメします。

うるさいからとイエスマンに成り下がるような人は、良いように利用されるだけですよ。尽くしたからとだいじにされるわけではありませんよ。それだけは肝に命じておきましょう。以上です。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。