Essay

こんな人は要注意!距離を置くべき人・10の特徴

「最初からこんな人だとわかっていれば、深い関わりを持たずにすんだのに」

人間関係で悩みやトラブルが生じた時などは特に、そんな風に感じたりしませんか?

後悔先に立たずとはよく言ったもの。最初から深く関わらなければ関係をリセットする必要もないし、トラブルに発展する機会だってもしかしたらなかったかもしれない。

その分嫌な思いだってしなくてすんだかも…。

そこでこの記事では他人に害しか与えない、距離を置いた方がいい女の特徴をご紹介します。

距離を置いた方がいい女の特徴・10

距離を置いた方がいい女の特徴・10
  • 悪口・愚痴が多い
  • 他人をコントロールしようとする人
  • 意地悪な人
  • 批判的で排他的
  • 口が軽い告げ口魔
  • 距離感無視してベタベタしてくる
  • 被害者意識が強すぎる
  • 他人のあら捜しが大好き
  • 裏表が激しい
  • 人を見て態度をコロコロ変える

他人に害を与える人はこんな人

特にタチが悪いのは支配的な人

この中でも特に悪質なのは、上から2番目の「支配的で他人をコントロールしようとする人」。

こういうタイプはほぼ高確率でモラハラ気質のある、他人に害しか与えない要注意人物です。要注意どころか、悪霊が棲みつく事故物件なので、うっかり関わったら塩でも巻いてお祓いをしてもらってください。

病的に意地が悪いモラハラ女の特徴と対処法聖人君子でもない限り、どんな人にも少しくらいなら意地悪な気持ちはあるかと思います。でも通常は理性を働かせてそのようなマイナスの感情を打ち...

人は誰でも自由に生きる権利があります。自分の意思や意見を持つのも自由。

自分が責任取れる範囲でなら、どのように行動しても他人にとやかく言われる筋合いはありません。

逆もしかり。自分の所有物じゃあるまいし、他人のことをとやかく言う権利も行動を制限する権利も持ち合わせていません。

ところが頑としてその自由を認めようとしない人がいるのです。

これは人を人とも思ってない証。

この手の輩は他人の価値を決める判断基準は、自分にとって便利に使えるか否か。

そんな人に常識的な良心など通じません。

相手が物だと思うなら、こちらも物として扱うまでです。

「あまり使えない道具だけど、ネジくらいなら使えるかな?」くらいに、斜め上から廃物利用の方法でも考えるといいでしょう。余談ですが、私はこのブログのネタにしています。(笑)

外面の良さに惑わされてはいけない

支配的な人には以下のような特徴があります。

  1. 自分の意のままに他人を操ることで、自分が特別な権力を得たと勘違いする
  2. 自分の意見に従わない人間を徹底的にいじめ抜く
  3. 自分こそが正義だと思いこんで他人の価値観を認めようとしない
  4. 周囲を巻き込んだ印象操作を得意とする

これだけを読むと、とても怖い人を想像しますよね。でも表面的にはとても社交性のある魅力的な人物に映ります。どう行動すれば人を惹きつけられるかを熟知した上で、要領よく実践するからです。そのための努力も惜しみませんし、言葉も巧みです。

例えば「あなたのために良かれと思って」と、親切なアドバイスを装いながら相手を自分の意のままに操ろうとするのは、彼女たちの常套手段。何かにすがりたくてたまらない迷える子羊たちは庇護を求め、尻尾を振ってその懐に飛び込んでいきます。

一方支配する側は、相手が自分の物になったと確信すれば少しずつ本来の姿を表し始めます。冒頭に挙げた10の特徴の中にある「裏表が激しい」というのはそういった意味からです。

やがていつしか教祖と信者のような関係が出来上がっていくわけですが、時間の経過と共に信者はいくつかのタイプに分かれていきます。

  1. 相手の人間性をわかった上で適当に調子だけを合わせるタイプ
  2. 「信じる者は救われる」を地でいく盲信タイプ
  3. 人間性がわかると静かにフェードアウトしていくタイプ

1のタイプは「今はこの人についていれば得をする」と、自分の利益だけを考える計算高さがあるので、教祖の力が弱まると態度が一変します。もし下剋上を起こす人がいるならこの中から生まれるでしょう。

下剋上とまでいかなくても、教祖はやがて力を失うので蜜月状態はそう長くは続きません。盛者必衰、独裁者の末路が惨めなことは、多くの歴史が証明しているので、必ず失墜します。

意地悪で支配的な女の末路

では本当に意地悪な女に因果応報はあるのでしょうか?

スピリチュアルなことはわからないけど、私は必ずあると思ってます。

良いことも悪いこともあるのが人生です。ただ意地悪な女は人から恨みを多く買う分だけ、悪いことが起きたときには誰も助けてくれないでしょう。

人に弱みを見せられない性格に加え、周囲にいる取り巻きたちも良い時だけ集まってヨイショし、そうでなくなった途端にサーッと潮が引くように離れていくようなタイプの人たちばかり。そんな人間関係しか築いてこなかったのだから、困ったときに誰も助けてくれないのは至極当然のこと。これを自業自得と言います。

しかし支配的な人は他罰的なので、そのような状態になっても「自分が悪かったのだから仕方ない。これも因果応報だ」などとは微塵にも思わず、助けてくれなかった周囲に対して恨みを持ち続けると思います。こういった生き方そのものが不幸なことだと考えれば、他人を傷つけ、意地悪し続けた時点ですでに不幸になっているのかもしれませんね。

そんなわけで因果応報とは加害者にとっては「ないもの」であり、第三者や被害者から見て加害者が不幸になったときに「あるもの」だと結びつけるのではないでしょうか。

意地悪で支配的な女の不幸を願う必要はない

顔を見るだけで腸が煮えくり返る、あんな奴、早くいなくなればいいのに、不幸になればいいのに…。

理不尽ないじめを受けた人はきっとそう考えることでしょう。でも上記の理由から、そんなことを願う必要はありません。人を恨むエネルギーは自分の心身を蝕みます。相手はすでに不幸な生き方を選択しているし、それが原因でどこかで足元をすくわれて勝手に自滅していくはずです。

だからそんなザコは放っておいて、なたはあなたの人生を輝かせることだけに意識を注ぎ、自分のために生きてください。そうでないと、せっかくの人生がもったいない。以上です。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。

お急ぎ配送料が無料!PrimeVideoなら話題の映画が見放題!100万曲以上聴き放題のPrime Music!本・漫画・雑誌読み放題!Prime会員限定のタイムセールでお得に買物!特典満載のAmazonPrimeに、今すぐ登録しよう!