Essay

目からウロコ!大人のいじめは理由も対処法も意外とシンプル!

人がいる限り、いじめはなくならない…。

今、陰険ないじめを受けている方にこう言い切ってしまうと、希望も光もなくなると思いますが、これは事実です。意地が悪い人は、死の直前まで憎まれ口を叩いてます。「○○は、死ななきゃ直らない」とはよく言ったものです。

感情に左右される子供とは違い、経験も社会的立場もある大人がなぜいじめを行うのかがこの記事のテーマです。

実際私の周囲にも、「なんでこんなに底意地の悪い人がこの世にいるんだ?」と、呆れてしまうような人をたまに見かけします。

そんなとき、よく考えます。

蒼じゅりあ
蒼じゅりあ
この人たちがいじめをする目的はなんだろう?
そういうことをして、この人は本当に幸せなのか?

あなたが今、もし誰かから陰湿ないじめを受けているなら、まず相手の目的について考えてみましょう。するとほんの少しだけ心に余裕が生まれます。記事の後半では、大人のいじめへの効果的な対処法もお伝えします。

脅威を感じている

いちばんわかりやすい例として、嫁と姑の問題を取り上げます。

最近は露骨な嫁いびりをするお姑さんは少なくなったとはいえ、嫁と姑の関係は、どんなに時代が変われど、大なり小なり確執はつきものです。

なぜ嫁いびりをするのでしょう?

それは、自分の立場が脅かされるかもしれないという脅威が原因です。嫁の側に脅かす気持ちなんてサラサラなくても、姑側には「若さ」に対する劣等感があるのです。

居場所の確保

今はまだ元気でも、やがて確実に年老いていくのは明白です。若さではどうしたって勝ち目がない。そうなれば自分の居場所がどんどん脅かされると一方的に思い込み、ことあるごとに自分の権力を誇示しようと、「教育」という名のいじめを行うのです。

そうすることで力関係を明白にして、相手を屈服させようとしているのです。なめられたくない、バカにされたくないという思いがこのような虚勢を生むのです。あまり賢いやり方ではありませんが、そんなことでしか自分の居場所を守る術を知らないのでしょうね。かわいそうに。

いじめをする側に問題がある

職場のパワハラも、それと似た部分があります。立場が上の者が弱い立場の人間に対するいじめは、ほぼこの理屈が当てはまります。自身の能力の問題など、自分の居場所を奪われるかもしれなという何らかの脅威を感じた時に、いじめという方法で相手を排除しようとするのです。

つまりいじめの原因は、相手の中にあるもので、いじめを受ける側の問題ではありません。「いじめられる側にも非がある」というのは、いじめをする側の言い訳です。

いじめは何があっても、それをする方が悪いのです。

だから「自分に非があるのかも」と、必要以上に自分を責めるのはやめましょう。相手の思うツボです。

いじめる側の方がストレスが大きい

ここまでのおさらいです。いじめる人は、自分では解決できない何らかの劣等感を抱えています。怒りや不安が脅威となり、自分を脅かす存在になりうる人をターゲットに選びます。その報復措置が、いじめ。ではそこに良心がないかといえばそうではありません。罪悪感があるからこそ、「いじめてもいい理由」を探すのです。

日々陰湿ないじめを受ければ、精神的なダメージは大きいです。でもこの理屈を知れば、相手はあなた以上に過度なストレスに晒されていることも理解できるのではないですか?

どうですか?この時点でほんの少しだけ、心に余裕が生まれませんか?

正攻法で復讐する

それを踏まえて、今度はいじめられたあなたがやり返す番です。相手のストレスをさらに加速させましょう。ただし、正攻法で。絶対に卑怯な手を使ってはいけませんよ。それでは相手と同レベルに成り下がってしまいます。

1.余裕を見せる

相手の目的は、あなたを100%”悪”にすることで、自分の絶対的な”正しさ”を自分と周囲に証明したいのです。それが相手の目的なので、その願望を叶えてはいけません。「私は何も悪くない」と平常心を崩さず、正々堂々とした態度で過ごしましょう。

心の中はどうであれ、相手の前では余裕を見せましょう。相手は不安と不満でいっぱい。全く余裕のない状態なので、より焦ってカッカするはずです。

どんなことについても言えることですが、何かを成し遂げたいと思ったときは、焦った方が負けです。

2.周囲に見せつける

失礼な人は失礼なままにさせておいて、とことん「私は嫌な人物です」という看板を掲げさせ、その看板を一人でも多くの人に見せつけるのが賢いと思いました。

あわせて読みたい
失礼な人は幼稚な人。対抗策は無視ではなくスルー力しかない
失礼な人は幼稚な人。対抗策は無視ではなくスルー力しかない失礼な人ってどこにでもいますよね。 ネットには「失礼な人に言い返す方法」や、対応策についてあれこれ書かれています。 でも私か...

もう、これに尽きますね。補足するなら、どんなに悔しくても、そんな時ほど第三者の目を利用して、あなたは何事もなかったかのように、礼儀正しく接するのがポイントです。

いじめる人というのは良心を捻じ曲げて、自分に都合のいい理屈を探していじめを働きます。

でも、それがいつまでも世間に通用するでしょうか?

陰口ばかり叩いたり仲間はずれにする人が、いつまでも「正しい人」でいられるでしょうか?

答えはNOです。人はそこまでバカではありません。いっとき有利だったとしても、いつか必ず歪が生じます。

見る人が見れば、必ず落ち着くところにストンと落ち着くはずです。第三者の良心を信じましょう。必ず公平な目で判断してくれる人が表れるはずです。

きっとそれまでが辛くて苦しい時期かもしれません。世の中全てが敵に見えるかもしれません。暗いトンネルの中にいる気分になるでしょう。

でも通り過ぎてしまえば、世の中捨てたものではないと、いつか必ずそう思える日が来ます。だってあなたは少しも悪くないのだから。一筋の光の存在を信じて、光のさ指し示す方向に、胸を張って歩んでください。それがいちばんの復讐です。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。