Essay

社会人・バドミントンのサークル選びは難しい

社会人・バドミントンのサークル選びは難しい

何事も10年やればいっちょまえ…のはずですが、なかなかいっちょまえにならないのがバドミントン。昔ちょっとかじったというだけで始めたけど、ブランクが長すぎて、始めた時はほぼ初心者レベル。それでも頑張った甲斐あって、今は中級レベルになりました。

初心者でも上級者でもない中途半端な腕前を持つ私の目下の悩みは、練習場所の確保。メインに所属しているレディースチーム(地域に認定されたもの)以外で、練習場所をいくつか探したいと思ってます。

本気になって探せば、無数にあるとは思います。私が知る限りでも、○○会と名のつく同好会や地域のサークルが無数にヒットしますから。

でもそこに問い合わせることを、つい躊躇してしまうのです。

無数にあるバドミントンサークル。でも選ぶのは難しい

社会人のバドミントンサークル選びは本当に難しいです。もちろん全てがとは言わないけど、私が見る限り、いわゆる「ムラ社会」でとても閉鎖的です。「この人はOKだけど、この人はダメ」みたいに、誰が来てもいい場所ではないところがけっこうあります。

試合を目指すためという目的のもと、「若い人を中心にバリバリの上級者ばかりで固めたい」という基本が最初からあるなら、それはそれで納得します。

主催者側に、ラケットも持ったことがないような、全くの初心者を教える度量がないから「そういう人はちょっと遠慮して」というなら、それも理解できます。

選んではいけないサークル

でも全くのお楽しみで試合に出るつもりもなく、若くもなく腕もさほどでないような人が、「この人はいいけどこの人はダメ」みたいに、これといった規定も基本もなく、気まぐれでより好みをする、中途半端なサークルが実際にはいくつもあります。

その中でも特にタチが悪いのは、断る理由を「気まぐれなより好み」ではバツが悪いという理由で、あとづけで難癖をつけたりする陰険な方法を取るサークル。断られる側の気持ちを考えたことがないのかしら?

まぁ私が見ている限り、そういうところは例外なく存続できなくなってますけど。

一度断られた人は、そんな嫌な思いまでして二度とそこには行きません。頭を下げてでも「行かせてくれ」とは間違っても言いません。むしろ「たいして上手くもないのに、あんな感じの悪いところには二度と行きたくない。もっと良い所を探そう」と思うはずです。

やがて新規の人が来なくなります。しばらくはそれでいいかもしれないけど、前からいる人はだんだん年をとっていきます。当然動けなくなって腕はどんどん落ちていきます。そうこうしているうちに自分のことだけでなく、家族の介護といった問題も勃発してきます。

その時になって慌てて新規募集をかけても、それまでの評判が災いして「あんな感じの悪いところは絶対にイヤ」となるのがオチ。自業自得ですけど。

このように長くやっているというだけで、中身もないのに限って変なプライドを持ち合わせているのが多いから、サークルを探す時には十分な注意が必要なのです。

最後に

サークルを選ぶ側は、試合かお楽しみかという「自分は何を目標にしているのか」を明確にした上で探すのが大切です。あとはどんな人がそこにいるかのチェックもだいじです。類は友を呼ぶって言いますからね。

また年齢層が高めのところは避けた方が無難です。老害が幅をきかせる典型的ムラ社会そのものですから。

そして会を運営する側には、自分たちが中途半端な腕前なら、まして年を取っているならそれをしっかり自覚し「人をより好みできる立場じゃない」ということを、肝に命じておけと言いたいです。

ただひとつ言えるのは、長く続いているところは例外なく、運営者が温和です。「来るもの拒まず」という姿勢が見られるサークルは、誰にとっても本当に居心地がいいですよ。私もこれからは、そんなところを数多く探していこうと思ってます。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。