Essay

やたら年齢にこだわる人の心理

やたら年齢にこだわる人の心理

美輪明宏さんといえば、心にジンとくる名言で知られています。

その中でも特に好きな言葉は「年齢なんて、単なる数字です。それ以上でも以下でもありません。気にする必要はありません。」というもの。

しかし実際には年齢に対する異常なこだわりを持っている人は多いです。

いや、人だけではありません。書店などで「40代からの生き方」「40代からの人間関係」という類の本がズラリと並んでいますが、特定の年代をターゲットにしたものほど内容はつまらないというのが率直な感想。”40代から”を”30代から”や”50代から”に変えても、書かれている内容に大差はなくて、ハッキリ言えば読む価値なんてありません。

年齢は通過点

だって40代だから何かが劇的に変わるわけではなく、長い人生においてほんの通過点に過ぎないからその手の書籍も劇的な違いがなくて当然なのです。

ここでは一例として40代としていますが、これは他の年代についても言えることです。年齢は人生の中の目盛りみたいなもの。美輪さんの言葉を借りればただの数字でしかありません。頭の片隅に置いて、自分で記憶していればいいだけ。

けれどその手の本が多いということは、それだけ自分の年齢にこだわる人がいるということです。販売戦略としてペルソナを想定するのは当然だとしても、一口に40代といっても個々に違います。年代のくくりは個性や輝きを失わせ、自由を奪い去る原因なのです。

それにしても、ただの目盛りや数字になぜこだわるのか?

生きていれば年をとるのはあたりまえ。なのにそんなあたりまえのことになぜこだわるのか?

年齢以上にこだわることは他にあるだろうと、実にバカバカしく思うので、年齢にこだわる人の心理を考えてみます。

人からどう見られているかを気にする

「もう○○才だから」とか「まだ○○才だから」と、会話の中でやたら自分の年齢を口にする人がいますが、そういう人ほど話がつまらないと感じます。ブログなどもそうですよね。年齢不詳という人が書いたものの方が、はるかにおもしろい。「他にネタはないのかと。「○○才だからナニ?」と聞きたくなります。

自分で勝手に作り上げたその年代のイメージ(40代はこう、50代ならこうというもの)に固執し、「そうあるべき」と、自分をそのまま当てはめようとするから意識は年齢にばかり向かうのです。

すると次に気になるのは、他人からの視線。

「私はもう○○才だから、今からこんなことをしたらヒンシュク買うかしら?」と、あれもダメ、これもダメと、自分の行動をセーブするようになります。

そして自分の行動をセーブすると、自由に見える他人に意識が向かいます。「あの人は年甲斐もなくみっともない」と、これまた他人の行動を、その人の年に結びつけて判断するという、これぞ絵に描いたような悪循環。

【余談】
自分のモノサシで他人をジャッジする人ほど、異常なまでに年齢にこだわる傾向が強いですよ。今度、周囲をこっそり観察してみてください(笑)

保守的で頑固

人生100年時代と言われる現代において、年代の枠なんてあってないようなもの。あるとしたら女性の場合なら生殖の問題や健康面くらいで、心に年齢なんてありません。

でもその枠にこだわる人ほど肉体の年齢は若くても、心は老化してますね。いわゆる「若き老害」です。考え方はとても保守的で頑固。周囲から浮かないことばかりに意識が向かうあまり心に柔軟性はなく、それでいて人格的には幼いという、とてもアンバランスな心理状態の人が多いです。

なぜそうなるのか?

それは、くだらない「べき思考」に囚われているからです。変化を望むくせに、変化を阻む枠の中に、自分を押し込めているからです。その枠は、場合によっては自由を奪う牢獄になるかもしれません。

最後に

人によってその枠は、年齢以外のものかもしれません。でも日本は圧倒的に年齢の枠というくくりに固執する人が多く、実にもったいないと感じたので今回このような記事を書きました。

中には「ミッドライフ・クライシスだから」という人もいるかもしれません。しかしここで取り上げているのは、そうではありません。

自分の年齢に関係なく、のべつ幕なしに「年だから、もう若くないから」と、どんなことでも年齢のくくりで考える人を指してます。ということで以下にまとめます。

この記事のまとめ
  • 年齢はただの数字
  • 年齢は長い人生においてただの通過点
  • 年齢のくくりは、不自由な生き方につながる
  • 「べき思考」は心を老化させる
ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。