Diary

楽しい試合と苦痛でしかない試合

楽しい試合と苦痛でしかない試合

こんにちは。蒼じゅりあです。桜が咲きだし、春本番ですね。

昨日はバドミントンの試合に行ってきました。個人戦ではなく、7人でチームを作って参加する団体戦。それに負けたらランクが下がるというものではありません。

日曜日に開催する性質上、男性でも学生でもお金を払えば誰でも参加できる試合です。2試合出て1勝1敗。負けたけど、ボロ負けではなく、格上相手にかなり点が取れたので、もう一度対戦したいと思ったくらい。楽しかったです。

好きな試合と嫌いな試合

私はこれまでいくつもの試合に出てきました。でもこういう気楽な試合がいちばん好き。

反対にランクがかかった個人戦は大キライ。それは前からずっと感じていたことです。

特にこの半年くらい、その気持ちにどんどん拍車がかかり、今後の試合をどうしようかなと考えています。

理想を言えば「固定のペアがいて、お互いが心をひとつにして、試合という目標に向けて練習に励む」というのがベストです。でもそれは、相手あってのこと。現状ではかなり難しい。

周りを見てても、だいたいペア同士でうまくいかなくなるか、うまく行ってる同士は成果が望めないかのどちらか。

それならもう、お楽しみに徹して長く続けることを第一に考えようかなと。

考えるのは試合だけではない

となると、自分の所属先をどうするか?という話になります。

現在メインの所属先は、試合を目標にする公認のクラブで、それ以外に地域の同好会や、もっと小規模のサークルなどがあります。

今後試合をメインにしないというなら、公認のクラブに所属する必要は全くないわけで、そのあたりの方向性を今後どうしようかと、最近はこんなことばかり考えてます。

諸事情あって2年は離れられないけど、その間に自分の方向性を真剣に考えようかなと。

「誰に気兼ねすることなく、自分の心に正直に!」

ブレそうになったら、この言葉を繰り返そう。

最後に

どんなことでも自分の立ち位置を時々見直すのは、とてもだいじだと思うのです。できなくなるときはいつか来る。

それを認めるのは一見ネガティブに見えるけど、必ずしもそうではないと思うのです。本当のネガティブは、できなくなったことをガンとして認めようとしない人。

自分の姿を見ないようにしている──つまり逃げですよね──。それが本当の「後ろ向き思考」ではないでしょうか。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。