Diary

八王子に新規オープンした「麺笑巧真」・初訪問

麺笑巧真 八王子

京王八王子駅近くにある「麺笑巧真(めんしょうたくま)」に行ってきました。この記事は、その実食レビューです。

開店前から話題沸騰

ここは新規オープン前からすでに伝説のお店。何が伝説かといえば、店主の経歴がすごい。

ご両親は西八王子にある八王子ラーメンの名店「吾衛門」を経営なさっているお方。そのご子息であらせられる彼は胎児の頃からラーメンLove。調理師学校を卒業後、調布・つつじヶ丘にある「柴崎亭」で2年間修行した後、2018年8月に調布市・国領に「百笑(ひゃくえん)食堂 いしかわや」をオープンし、ラーメン激戦区調布において、あっという間に人気店の仲間入りを果たしました。

そんな若きサラブレット(しかもイケメン)が八王子に店を構えるとなれば、これはもう行くしかありません。

早くも行列

「麺笑巧真」が新規オープンしたのは2020年5月7日。初訪問したのは新規オープンから二日後の、5月9日です。

私は開店まもないころに足を運ぶことはまずないのですが、今回ばかりは「早く行かないと、どんどん人気店になって、どんどん行列が増えていくだろう」という理由で、開店時間前に到着するよう家を出ました。

着いたころにはすでに10人以上の行列が。店の周りは祝花だらけなので、甲州街道沿いをブラブラと歩いていけば、場所はすぐにわかります。以前「菜光」が入ってた場所です。それにしても同じ建物とは思えないくらい、おしゃれな空間に。これなら女性が一人でも気軽に立ち寄れそう。

祝花は店の入口だけでなく、店内にもぎっしり所狭しと並んでます。ラーメンファンのみならず、業界からの期待度の高さが伺えます。

私が着いた時には10人程度だった行列も、時間を追うごとにどんどん増えていき、何も知らずに歩いていた通行人が「ナ、ナニゴト?」と、思わず二度見するシーンがしばしば。

今はこんな時期なので、店内もしっかり間隔を開けて椅子を並べてあります。なので通常よりも時間がかかり、私が通されたのは二巡目でした。それでも回転はとてもスムーズ。若いながら人気店を切り盛りしてきた実力でしょう。

いざ、店内へ

さて入り口を入ると食券機と給水器があり、給水器の上にはアルコール消毒液が用意されています。今はどんな場所でもマスクの着用と手指の消毒は、もはや国民の義務。

私は「特製醤油らーめん」950円を注文。ほどなくして出来上がりました。

この旨さ、半端ない

この美しく折りたたまれた麺といい、低音で仕上げたピンク色のチャーシューといい、チャーシューの下に隠れたワンタンといい、全てが美味しく、全てが美しく、全てがていねいに作られていて、全てに思いが込められています。

食べ始めたらもう止まらない。あっさりしているのに最後までアツアツのスープがこれまた美味。鶏だしがいい感じで効いてます。同じ醤油でも吾衛門の醤油とは全く違う味わい。醤油ってほんとうに奥が深いですね。

ごちそうさまでした。本当に美味しかった。近く、また行きます。次は「塩!」と言いたいけど、塩は6月からだそうです。

価格
  • 特製醤油らーめん 950円
  • 特製塩らーめん 950円
  • 醤油らーめん 650円
  • 塩らーめん 650円
  • 味玉醤油らーめん 750円
  • 味玉塩らーめん 750円
  • チャーシュー醤油らーめん 950円
  • チャーシュー塩らーめん 950円
  • ワンタン醤油らーめん 900円
  • ワンタン塩らーめん 900円
  • 大盛り 100円
  • 焼豚丼 350円
  • ランチご飯 150円
  • 半ライス 100円
  • ライス 150円
記事執筆当時の価格です

店舗情報

住所東京都八王子市明神町4丁目12−2 大きな地図で見る
電話番号情報なし
営業時間11:00〜15:00 (新型コロナの状態により当面の間)
休日日曜日
禁煙・喫煙店内完全禁煙
駐車場なし (近くにコインパーキングあり)
公式サイト

ラーメンぴあ2020首都圏版 Kindle版

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。

お急ぎ配送料が無料!PrimeVideoなら話題の映画が見放題!100万曲以上聴き放題のPrime Music!本・漫画・雑誌読み放題!Prime会員限定のタイムセールでお得に買物!特典満載のAmazonPrimeに、今すぐ登録しよう!