Essay

【現代社会の闇】秀岳館問題は氷山の一角!その病理を考察してみた

サッカー部コーチによる暴行シーンがネットに流れたことに端を発した秀岳館高校の問題。

闇が深い秀岳館サッカー部。コーチの暴行と段原監督の暴言炎上を加速させる悪手な対応の見本が熊本の秀岳館高校サッカー部コーチによる暴行事件。学校でのいじめ事件や部活でのパワハラ等が表面化したとき、周囲の大人たちが真摯に対応することなく「隠蔽して揉み消してしまおう」という行動をしたために、事態が修復不可能となってしまった好例です。彼らはどうやって火に油を注いだのか。あまりにもひどすぎるのでこれまでの経緯をまとめます。...

5月5日に形ばかりの記者会見をやっと行いました。まだ隠し事や嘘はたくさんあるはずですが、記者会見さえやれば、対外的には一区切りがつきます。少しでも早く幕引きしたい学校側はこれにて一件落着…。落着しなければトカゲの尻尾切り程度でお茶を濁し、あとは時が過ぎ去るのをじっと待ってる状態だと思われます。


メディアにとって根本的な問題の解決など二の次で話題性がなによりもたいじ。一時期だけワッと騒いで大きく取り上げても、日を追うごとにメディアも話題にする機会は徐々に減っていき、それに伴い人々の関心も薄れていきます。それが今までの常でした。

だから忘れた頃に似たような問題がまた発覚するのです。日大反則タックル問題で当時あれだけ騒がれ問題提起されたのに、またこのような異常な事件が実際に起きてるわけですから、この学校だけを叩いたところでなにも変わりません。いずれまた時と場所を変えて再現されるでしょう。

秀岳館の問題は氷山の一角

秀岳館高校に関するニュースを読んでいると「氷山の一角」「体育会系の負の連鎖」という文言が目立ちました。

これは学校や部活に限ったことではありません。今回のように警察が動くほどの事件まで行かなくても、大なり小なり現代社会の常識とかけ離れた問題があらゆる組織、あらゆる団体に顕在化していて、組織が組織として機能してない秀岳館は日本の縮図——そう感じました。

そのためコーチがどうの、監督がどうのという個別のバッシングだけで終わらせず、この学校のような卑劣な考えがまかり通る空間がなぜ生まれたのか、そのメカニズムを解明し、同様の状況になっている組織や人間関係にも光をあてる必要があります。

学生だけではない大人にもある運動部の闇

私も主婦を対象とした競技スポーツ団体に身を置いた経験があり、秀岳館の問題は他人ごとと思えませんでした。

私がいたところは人権意識が希薄な昭和の遺物と、思考停止状態の上に従うイエスマンばかりの集団でした。

今回段原監督が暴力動画をネットにアップした部員たちに対して晒し者にしたのも、部員に対する人権意識のなさが原因です。「飼い犬に手を噛まれた」くらいの意識で、相変わらず自分は被害者だと思っているはずです。

女性ばかりの競技団体だったので秀岳館のような直接的な暴力こそありませんでした。しかし言葉の暴力や人格否定、気に入らない選手をのけものにするといったパワハラ・モラハラ等は多々ありました。それによって有望な選手が数多く辞めていきました。

【群れる女】集団になることで無秩序になる女性のグループ大人になっても派閥やグループなど、なんらかの集団に属したがる女性は多いです。社会生活を営む以上、集団でいることのメリットはもちろんあります。でもそのメリットを上回る、デメリットしかない集団があるのも事実です。...

運動部特有の異常な年功序列の縦社会

理不尽な行為を他人に強いている張本人は、昭和時代には許されたことが令和時代では犯罪になるという意識は皆無。先輩は後輩を奴隷化する権利があると思っているくらいですから、保身や利権のために弱いものを犠牲にするのは当然だと考えてます。

新陳代謝がない狭い世界

学生スポーツなら年数が経てば卒業・入学などで新陳代謝があります。でも市民スポーツ系のクラブチームにはそれがありません。害しか与えない人ほど年齢的に競技ができなくなっているのに「威張れるから」という理由だけで居座り続けます。どれほど「定年制があれば」と思ったかしれません。

対外的な建前がだいじ

おかしいものをおかしいと言えば周りがすぐに詭弁を使って火消しと印象美化にかかり、最後には正当化します。トラブルを握りつぶすのは「クラブの名誉を守るため」——中身はドロドロでも、建前ばかりを取り繕うことが最優先というわけです。

こんなふうに「臭いものに蓋」をしておけば表面上の平穏は保たれます。この一連の流れが「後輩にパワハラをしても正当化できた成功体験」という既成事実として刻まれ、延々と繰り返されていくのです。

老害に共通する特徴老害についての記事が目に止まりました。 老害というのは、「自分の成功体験の再現性を疑うことが出来ない人」のこと | Books&am...

腐敗した組織は腐敗した人で構成される

よくほかの組織でもお偉いさんが失言した時にその人だけを責めますが、その組織に失言・暴力・パワハラ等を「許す環境」があるから後を絶たないわけで。

組織というのは問題を起こした人物に対し、いさめる人のあるなしだけではありません。そういう言動を「正しいことだ」と言いくるめる周りがいなければ、その発言や行為が許されることはないはずです。

なぜ許されるでしょう?

事なかれ主義だからです。組織の正義とは波風を立てないことであり、世間的に正しい正しくないは二の次です。組織が内部告発を嫌うのは、こういった理由の積み重ねが背景に潜んでいます。内部告発者は当然ながら吊し上げられますが、それだって「組織のための正しい行為」くらいにしか感じていません。

火の粉がかからないよう見て見ぬふりをしてる傍観者、思考停止状態で言われたことだけを盲信する洗脳された信者、慣らされすぎて疑問さえ抱かない人、「今さら変わらない」と、諦め流されてる人も同罪です。

世代を超えて永遠に受け継がれる負のループ

問題人物を長いこと甘やかしておくとロクなことはありません。仮にその問題人物が辞めても、ぬるま湯に浸かって安堵したい残党が似たような行為を繰り返すので、世代を超えても負の連鎖は続きます。

さんざん理不尽な行為を強いられ「あんな風になりたくない」と言ってた人が、自分に後輩ができると一転「今度は私がいじめる番!」となってしまう、実に残念な人を何人も見てきました。

おべっかを使って先輩に気に入られる部員は狡賢さと横柄さに磨きをかけて組織でのし上がり、後輩部員をいじめます。

この手の輩は日々以下4つの項目ばかりを考えて行動に移し、集団の中でうまく生きていく術を身につけ、閉ざされた世界の王様を目指します。

  • どうしたら上に気に入られるか?
  • どうしたら他人を出し抜けるか?
  • どうしたら下にナメられないか?
  • どうしたら常に優位なポジションに居座れるか?

それもこれも、異常ともいえる年功序列と上下関係の意識によって先輩の横暴さが許されてしまう環境と、自浄作用のない閉鎖的な空間が原因です。

一般社会との乖離がひどい「井の中の蛙」

「この人たち、怖くないのかな」と思ったのは、自身が関わるごく狭い世界だけが社会の中心になり、そこでなら通用することが広い社会での適合性を欠いていることに、本人がまったく気づいてないことです。

「 部員以外との接点が少ないために狭い世界観になってしまう…。外からの新しい知識が入らない閉鎖的な環境は、人をこれほど無知で偉そうにしてしまうのか…。」

私はそこにいる人たちのことを「外に出たら嫌われまくり、友だちなんて誰ひとりとしていない、とても寂しい人なんだろうな」と思って冷ややかな視線で眺めてました。滑稽とすら感じました。

「一般社会なら真っ先に淘汰されるような人が、なぜここでは許されるのだろう?なんでデカい顔をしていられるのだろう?」日々そんな疑問を持ち続けました。

心は誤魔化せない

「スポーツはルールに則って行われるのに、このクラブは人としての当たり前のルールさえ守れない。」

いつからか”腐ったみかん”を連想するようになりました。「どこのクラブにも問題はある。運動部は縦社会だから多少の理不尽はあたりまえ」と、長いこと自分を誤魔化してきましたが、コロナ禍で練習や試合がなくなってホッとしている自分に気づいたとき、「このままだと競技そのものまで嫌いになる」と思い、考えた末に退部しました。

やはり頭で誤魔化そうとしても、心を誤魔化すことはできません。

蒼じゅりあ
蒼じゅりあ
腐ったみかんの影響は受けたくない!

移籍にはペナルティーがあるので退部するのは勇気が入ります。幸い私の場合は団体競技ではないので、大きな組織に属さなくても活動の場はいくらでもあります。クラブを辞めても活動場所に困らないよう、外へ、外へと練習場所を数年がかりで開拓していきました。

スポーツは楽しむことがいちばん

生涯スポーツとして楽しむための競技スタイルにシフトしてみると、今まで抱えていたストレスがウソみたいになくなり、今は心から純粋に競技そのものを楽しんでます。この競技を始めた頃の楽しさを久々に味わってます。

スポーツというのは本来、運動や競技を通したエンジョイがベースにあって初めて良いパフォーマンスにつながるのだと実感します。まことしやかに語り継がれた「根性があれば人生の試練を乗り越えられる」とか「我慢が美徳」なんて真っ赤な嘘。それは科学的な理論を持たない前時代の戯言です。

スポーツの語源も「楽しむ、遊ぶ、気分転換」です。それなのになぜ我慢や根性が必要なのでしょう?

まずは楽しむこと。考えてプレーすること。それをちゃんと教えてくれる指導者がいれば、秀岳館のような異常な事態は今より減っていくものと信じてます。

少なくとも令和の時代からは、無駄に権力を振り回す昭和な人の居場所がどんどんなくなる時代であってほしいと願ってやみません。

自分に合わない環境を判断する基準「新たな世界がもし自分に合わない環境だったらどうしよう…」 これから身を置く環境と自分との相性はとてもたいせつです。 けれど自分に合うか合わないかはその環境に飛び込んでみないとわからないこと。そのためにはあらかじめ自分に合わない環境とはどんなものかの判断基準を明確にし、その基準に沿ったチェックポイントを定めておく必要があります。...
ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。
  • お急ぎ配送料が無料!
  • PrimeVideoなら話題の映画が見放題!
  • 100万曲以上聴き放題のPrime Music!
  • 本・漫画・雑誌読み放題!
  • Prime会員限定のタイムセールでお得に買物!
  • 特典満載のAmazonPrimeに、今すぐ登録しよう!