Essay

お菓子外しをする人の心理と特徴

ある集団で、みんなに均等に配るべきお菓子を、自分の気に入らない人にだけ配らない「お菓子外し」という言葉を聞いたことがありますか?

お菓子に限らず別の物──例えばみんなに回すべき連絡事項を、ある特定の人物にだけ回さないのも意味合いとしては同じです。ざっくりと、「村八分のセコイ版」とでも認識しておきましょう。

以下の記事にこんなことを書きました。

やり方が幼稚の一言。
例えばみんなに配るお菓子を、ターゲットにだけ配らないなんていうのは日常茶飯事。
たかがお菓子ですよ?
「いい大人が」と思ってしまいますよね。恥ずかしくないのかしら?
子供っぽすぎて、もう失笑。

ふつうなら笑っちゃいますよね。あまりにも幼稚すぎて。

でもネットを調べてみると、こういうことをする人って意外と多いのには驚きました。今や職場いじめのあるあるネタにもなってるようです。

そこでこの記事では「お菓子外し」というセコい手法でしかストレスを発散できない、気の毒な人の心理と特徴について考えていきます。

体裁を保つことを信条とするタイプ

お菓子に限らず、やたらめったら意味もなく、おすそ分けが好きな人っていませんか?

もう「おすそ分け命」で、うっかり関わるとおすそ分け地獄みたいになっちゃう人。

人づき合いの第一歩がおすそ分け。”物”のやり取りは、ごく初歩の社交術・初歩編としては間違ってません。

しかし意味もなく、いつまでもそれを続けているなら要注意です。表面だけはとりつくろいたいという、体裁を保つことだけに重きを置くタイプです。形式的に”物”のやり取りさえしていれば、「私たち、お友達」と信じてます。

物が人付き合いの大切なアイテム

これを逆に言えば、仲良くしたくない人に”物”をあげないのは「私たち、お友達じゃない」という立派な意思表示。”物”はそのくらいこの手の輩にとって、人付き合いの重大な鍵を握ります。

傍からみれば「たかが”物”」。でもその人にとっては人付き合いを左右する重大なアイテムです。だから「たかがお菓子」でも、”物”を通してしか意思表示ができなくて「お菓子外し」というみっともない手法を取るのです。 

なにが気の毒って、人付き合いの本質がわかってないこと。人との付き合いの第一歩が挨拶がてらの”物”のやり取りから始まったとしても、時間の流れとともに”心のやり取り”に移行していく過程を体感したことがないのでしょう。

本物の人間関係を築いている人は、それほど”物”に重きを置いてないため間違っても「お菓子外し」なんて意味もないことはしません。人付き合いにおいて、何が大切なのかをちゃんと知ってます。

最後に

意地の悪い人は、自分がされて嫌なことを他人にします。

なのでその人の手口を見れば、その人自身が何をされたら嫌なのか、かんたんにわかります。

お菓子外しをする人は、お菓子外しをされるのがイヤ。だからムカつく相手にそれをするという、実にかんたんな理屈です。まるで子供みたいですね…。

きっと、過去に本人もされたことがあるのかも?

だから江戸の敵を長崎でとっているのです。

もしあなたが誰かにされたとしたら、以上の理由から、お菓子外しをする人は気の毒な人と割り切り、怒るのではなく、後ろ指をさして笑ってあげましょう。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。

お急ぎ配送料が無料!PrimeVideoなら話題の映画が見放題!100万曲以上聴き放題のPrime Music!本・漫画・雑誌読み放題!Prime会員限定のタイムセールでお得に買物!特典満載のAmazonPrimeに、今すぐ登録しよう!