Diary

なぜに女は群れたがる?

なぜに女は群れたがる?

私は、一人でいる時間がとても好き。そのため最近は、趣味のサークルで親しくしていた人たちとは少し距離を置いてます。

理由?

時間の無駄だからです。彼女たちがいかにも「女子中学生の集まり」的なグループに思えてきて…。

そんな人たちと何時間もファミレスでお茶するくらいなら、家でブログでも書いていたほうが、はるかに有意義だからです。

大人になってまでつるむ女はみっともない

でも、どこかのグループに属したい女性って多いですよね。

クラス替えして周りが知らない友だちばかりだと不安だから、とりあえずどこかのグループに入っておきたい、みたいな人。そうしておかないと「友だちいない」認定されそうで怖い、みたいな感覚の人。

それがまだ、中学生くらいなら理解はできます。でもいい大人がそれをやってるって、どう考えてもみっともない。

おもしろいなと思うのは、つるんでいても心から信頼しあってないところ。仲間であっても、そこにいない人の悪口ばかり言い合ってます。いわゆる欠席裁判というものですが、嫌いなら、何も無理して付き合わなければいいのにって私は思うけど、彼女たちは、とりあえずグループに属していれば安心という感じです。

そのあたりが理解できません。信頼しあってない人同士でつるんでいることの方が、はるかに不安だと思うのです。

友だちってなんだろう

心から信頼し合える仲間は、私にもいます。それは学生時代からの友人です。私が友だちと呼べるのは彼らだけ。それ以外は全て「知り合い」という位置づけにしています。趣味仲間とか、ご近所の仲良しさんとか、職場で親しくしていた人とか、その程度。どんなに親しくしてても、友だちという感覚にはなれないのです。

でもつるみたがる人って、やたら友だちを強調しません?

ちょっと顔見知り程度の人でも「あの人、私の友だち」とかって平気で言いますよね。そういう人は、「私はどこに行ってもすぐに友だちを作れる」と豪語します。

そういうのを聞くと、ちょっと違和感。

友だちって、そんな簡単なものじゃないだろうと。

長い年月をかけて、気がついたら友だちになってたというのが本来の意味じゃない?

少なくとも、世界中の人が非難しても、自分だけはその人を信じるというのがの本当友だちじゃない?

なのに仲間のクセして、平気でいない人の悪口を言う。その割に「私の友だち」だと言い張る。

ああいうのを見ていると、つくづく、友だちってなんだろうって思います。同時に、そんなグループには絶対に近寄りたくない、一人でいたほうがずっと気楽だと思います。

¥1,361
(2018/07/16 17:56:34時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。