Diary

距離を取ることで見えてきた違和感の正体

距離を取ることで見えてきた違和感の正体

近くにいると見えなかったことでも、少し距離を取ることで次々と見えてくるから不思議。

もし今、あなたが自分の環境や交友関係に疑問を感じたら、少し離れることで答えが見えてきます。疑問を感じること自体が違和感であり、何かしらの理由がそこにはあるはずです。

ところが近くにいると、すでに何度も感じているはずの違和感を、「これは思い過ごしだ。まさかこの人がこんなはずはない」と自分で打ち消してしまうのです。それが怖いところです。

本性を垣間見た思い

コトの発端は先日久しぶりに会った友人との会話から。

あわせて読みたい
本音で話せる人・わかってくれる人が本当の友達
本音を話せる人・わかってくれる人が本当の友達久しぶりに友達に会って、ふだんなかなか人に言えない悩みを聞いてもらいました。 思っていること、考えていること、心に抱えたモヤモヤ全...

彼女は私が所属しているとあるスポーツサークルを、昨年いっぱいで辞めています。

退部のときに、ある人から相当ひどい言葉を浴びせられたようです。LINEにもそのときのやり取りが残されていたので、見せてもらいました。

その人物の文章に最初は驚いたけど、次の瞬間「ああ、やっぱりな」と納得しました。

薄々感じていた違和感の正体

その人に対して、もうずい分前から時々「アレっ?」と感じることはあっても、それが長くは続かないので、気のせいくらいに思っていました。

でもやはり何かが違うと。本当に裏表がない人からは感じない何かがこの人にはあると。知り合った初期の頃からそんな得体の知れない違和感だけは敏感に感じ取っていたと記憶しています。今から思えば何か独特のオーラがあったのですね。

離れたことで一気に全容が見えてきた

距離が近いと自分でもなるべく気にしないようにして、まともに見ないようにするのです。いわゆる「この人に限って」という変な思い込みです。

でもここしばらくまともに口もきかなくなり、心の距離が離れたことで冷静に考える時間ができました。そんな時に友人から見せられたLINEの文面。

率直な感想は、「私の勘は当たる」と、なんだか妙に納得して逆に安心ました。

これで心おきなく縁が切れる。私がいたグループは私には合わないと。それをはっきり確信できました。

まるでママ友イジメの世界

同時にグループの構成員一人一人の役割や人物像が見えてきました。

歯に衣着せぬ発言をする、いわゆるボスママタイプの人と、サブリーダー的な人がグループの中心。ボスママは一見姉御肌で面倒見がいいかと思いきや、本物のリーダーにはなりきれない仕切り屋。実際にはサブリーダーの方が慕われているので、彼女に対してコンプレックスがあるみたいです。

その下につくのが点数稼ぎに必死の言いつけ魔たち。LINEで暴言を吐いた人もここにいます。実際はボスママを慕っておらず、影では「キツネと狸のばかしあい」と揶揄してます。しかし逆らうことはせず、自ら率先して身の安全を図ろうとしています。

さらに「こうすれば点数が稼げる」とばかり、調子よく振る舞って周囲からの評判は上々という人もいます。だけどその実、とんでもない性格の持ち主だったことも発覚しました。

誰一人として悪く言わないような、これほど非の打ち所がないという善良な人のことまで、彼女たちにかかると悪口のオンパレード。つまりは、どいつもコイツもロクなもんじゃなく、一緒にいると毒気にやられます。

ずっと私が感じていた違和感は、「いるべき場所はここじゃない」ということだったのです。

離れるのがベスト

この手の人物は、一度目をつけると徹底的にイジメぬきます。だけど体裁は人一倍気にするから、表立って露骨な攻撃をしてきません。影でせこい工作はするけれど、こちらが相手にしなければいいだけ。だから距離を取って関わらないのがベストです。

私がいなくなれば、やがてお仲間同士でつぶしあいが始まるでしょう。元々力のないボスママなので、いずれ失脚するかも?第一年だし。

人を貶めて喜ぶような人が、いつまでも幸せでいられるわけはないのです。私は今後、自分が幸せになることだけを考えていきます。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。