Essay

【恐怖政治】まるで昭和の体育会系!日大ブランド地に落ちる

【恐怖政治】まるで昭和の体育会系!日大ブランド地に落ちる

日大アメフト部の違反タックル。連日大変な騒ぎになってますが、一昨日と昨夜に大きな動きがありました。

一昨日の午後は違反行為をした日大の選手が会見を開き、昨夜8時からは違反行為を指示したとされる井上コーチと内田前監督が会見を開きました。

期待を裏切らないお粗末な会見

違反行為をした20才の日大選手が堂々と会見したのに対し、昨夜のコーチ・監督の会見は、なんともお粗末な嘘松。隠すものがない人の態度と、隠し事だらけの人の態度の違いは歴然です。

もみ消しに必死、論点のすり替えはもちろん、目は泳ぐわ、声は裏返ってしどろもどろだわ、それに輪をかけ司会を務めた日大広報部の米倉久邦氏は、高圧的な態度でブチ切れて報道陣にケンカを売るという最悪の展開。年を取ると前頭葉と海馬が萎縮してキレやすくなるというけど、まさにそれ。

最悪の司会者

「みんな見ているんだ! あなたのせいで日大のブランドが落ちますよ!」に対し「落ちません!」と自信たっぷりに断言したはいいけど、その瞬間から日大ブランドはすでに砂上の楼閣同然、信頼は一気に落ちるところまで落ちました。「余計なことは聞くな、迷惑だ」と言ったかと思えば、極めつけは「前提もクソも」って…。

だったら何のためにノコノコ出てきたんだと聞きたくなります。記者会見を開いてあげてる意識丸出し。自分が被害者だとでも思っているのかしら?

他人様に怪我をさせた。そのための謝罪会見という意味合いを、この人全く理解してない。許しを請う立場の人がこれだけふんぞり返っている姿を見たとき、「この大学、オワコン」と思いました。

前日に行われた日大選手の会見が立派だっただけに、怒りを通り越してもはや失笑という方も多いのではないですか?

昭和から思考停止している姿が露呈

この件に関しては各方面でいろんな意見が出てるので、違反タックル問題についてはあえて言及しません。

でもただひとつ、印象的だったのは「まるで昭和の体育会系」を引きずった爺さんたちの茶番劇。脳みそが昭和のまま、いつまでもアップデートできないでいる人たちに、未来のある選手が潰されてしまう悲劇を目の当たりにすると、「もういい加減、こんな古臭い体質は一掃しませんか?」と、声を大にして言いたくなります。

昭和の常識=平成の非常識

そしてこれは日大アメフト部だけの問題ではありません。私もスポーツに関わっているけど、スポ小あたりでも「古いなぁ」と感じることがしばしば。「昭和の常識=平成の非常識」くらいに思ってないと、「次の時代は生き残れませんよ」と言いたくなります。

それにしてもなぜ体育会系は、古臭い考えを捨てきれないのでしょう。

精神論は無能の証

口を開けば「やる気がー、根性がー、精神力がー、努力がー」というけど、どうしたら効率的にそれを引き出すかを理論的に考えず、「たるんでる!なっとらん」と、権力を盾にただ精神的に追い込み、大声で叱責するしかないのが昭和の体育会系。まるで独裁国家の恐怖政治です。

今なら立派なパワハラなのに、当の本人は「お前のためを思って」と教えているつもりになっているから笑っちゃう。恩着せがましく「お前のため」という言葉を使う人ほど自分のことしか考えてないし、人を支配するしか能がありません。

これでは楽しいはずのスポーツを、嫌いになったとしてもしかたないですよね。

だけど昭和の体育会系は、それでやる気をなくせば「アイツはだらしない」の一言で終わり。中学・高校で部活を辞める人が悪く言われるのも、そこに原因があるのです。

辞めさせてくれない・辞めると裏切り者扱いの社会人サークル。ブラック企業とブラック部活に共通する特徴
辞めさせてくれない・辞めると裏切り者扱いの社会人サークル。ブラック企業とブラック部活に共通する特徴あちこちのネットの書き込みを読んで驚きました。部活を辞めようとすると、その部員に対して「裏切り者・身勝手・無責任」という批判をぶつけると...

歪んだ勝利至上主義

元フットサル日本代表監督のミゲル・ロドリゴ氏は「負けた試合の中にも小さな勝利がたくさんある」と、奇跡のレッスンという番組の中で語ってました。

でも昭和の体育会系はそれを甘やかしと捉え、「結果だけが全て」という考え方をします。だから感情的に他人をジャッジするのです。

確かに結果もだいじだけど、今回のようなことがあると「何を持って勝利なのか」と考えてしまいます。

少なくとも「試合に勝っても勝負に負けたら意味はない」と考える私には、到底受け入れられない考え方です。以上です。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。