Diary

新しい趣味を始めるために、これから2年かけて次の準備をしていく!

新しい趣味を始めるために、これから2年かけて次の準備をしていく!

今日は2018年度・初のクラブ。午前は練習で午後は総会です。

総会では前年度の役員から次の役員にバトンタッチし、来週からは完全に新年度の役員たちで2018年を運営していきます。

私は今年度から2年の役を引き受けることになったので(本音は今すぐに辞めたいけど)、最低でも2年間は残らないといけません。

気持ちが冷めていることに気づいた

ただ、その後どうしようかなと。いろんなことを知りすぎて「ああ、そんなもの」という悟りのようなものができてしまうと、気持ちはどんどん離れてしまう。今までのような情熱は全く残ってないことにも気づいてしまっている。そんなこんなで自分の中では「そろそろ限界かな」という気持ちが日に日に強くなっているのです。

気づいてしまったものをなかったことにはできないし、限りある大切な時間だからこそ、惰性で続けたくはないのです。

それと、これまで夢中になりすぎて、だいじなことを放り出してきたことへの後悔もあります。そろそろ、自分のペースを取り戻したいなと。

なにもない自分にはなりたくない

元々組織に属するのは10年間と決めていたので、あの世界から離れることには全く未練もないし抵抗もないけれど、だからといって離れた後に何もない状態にだけはなりたくないのです。

新たな道探し

今現在適当にお遊びで練習できる場所もあるしブログもあるから、クラブだけを辞めればいいのかもしれないけど、最初はよくてもいずれ物足りなさを感じるような気がするのです。だからそうならないために、今から2年間かけて、次のステップを準備していこうかなと。

自分の性格・これからの年齢や生活スタイルに合った新しい趣味と新しい世界の模索。それをするために、今まで情熱を傾けていたことから少し距離を取り、2年かけて新たな道を探していこう。

うーん、何をしようかな?

ヨガ、スポーツクラブ、ウォーキング…。

今まで何かを始めるときって、ほんの思いつきや勢いで始めてきたから、頭であれこれ考えるのではなくて「ある日突然出会っちゃった」みたいな感じになるのかな?

その出会いの神様を呼び込むためには、時間と心の余裕が必要になってくる。

この2年を節目にする

今年度から始まる2年間の役を、今まで過ごしてきた世界との決別の時間にしながら、同時にこれから始まる未知の世界への扉に変えていこう。今日から始まる2年間を、私にとっての節目の時間に変えていこう。

私は少しずつでも前を向いて変わっていきたい。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。