Essay

嫌な仕事から逃げるズルい人の特徴

嫌な仕事から逃げるズルい人の特徴

地域・職場・学校のPTA、趣味のサークルなど、どこに属しても面倒な仕事は回ってきます。仕事ならそれも含めての給料と割り切れますが、趣味のサークルは完全なボランティア。そのため面倒な仕事の押し付け合いは日常茶飯事です。

そんな場面に遭遇すると、人となりがハッキリわかります。

最初は与えられた仕事を真面目に取り組むのですが、いくら真面目にやってもその努力は報われず。

その理由は、面倒なことは後輩がやるのは当たり前(当然感謝などしない)、楽な仕事や美味しいとこ取りするのは先輩として当然と思う輩がいるからです。

最初は真面目にやっても次第にバカバカしくなり、やがてズルい先輩の手口だけを覚えて同じことを再現する人間になるのです。

この記事ではそんなズルい人に共通する特徴をご紹介します。

毎年恒例の風物詩

ここからは私個人の話をします。現在約40人ほど在籍する、女性ばかりのスポーツサークルに属し、そこでの役員決めが毎年悩みのタネです。その流れをざっくりご紹介します。

10月に入ると次年度の役員候補をその年の役員同士で話し合います。昨日がその話し合いでした。

その内容を12月の臨時総会で内定します。そして年度末の総会で部員たちから正式な承認を得て、新規役員に引き継ぐというのが大雑把な流れです。

昨日決められた次期候補者に対し、12月までにみんなで説得するという仕事もこれから待ち受けています。もちろんすんなりとはいきません。それがスムーズにいかないと、人間関係にヒビが入るようなトラブルに発展することも珍しくありません。

必ずといっていいほど揉めごとのネタになるのは、仕事を持っている人と時間に余裕がある人とのズレ。

専業主婦が多いクラブなので、仕事をしている人は毎年肩身の狭い思いをします。

「あの人は仕事を理由に(クラブに)何年もいるのに何もしない」から始まり、やがて「役をやらない人はズルい」という空気が強くなり、果ては「やらない人、許すまじ」となるのが毎年恒例の風物詩。

いや風物詩なんて優雅なものではありません。最後には涙目になる人も出てくるほどの熾烈なサバイバルゲームです。

今までさんざんやったから

一度役を受けた人はもう強気です。瞳孔開いて鼻息も荒く、「私達は今までさんざんやったから」を連呼します。それが伝家の宝刀であると思いこんでいるみたいで、そればかりを繰り返します。なんとかの一つ覚えのように。

年だから

長年いればさんざんやったのは当たり前。在籍する以上、何もしなくていい理由にはなりません。仮に一度も役を受けてないとしても、今仕事や子育てで忙しい人に無理に押し付けず、その人ができる状況になるまでの間、できる人ができることをやって繋げばいいだけのこと。

それを伝えると「もう年だから」と、弱々しく逃げます。それまで強気で騒いでたくせに。

どこまでも自分に甘く、人に厳しい

また面倒な役は「おばあちゃんがもうすぐ死にそうだ〜」を何年も繰り返して逃げ続けていますが、実はそのおばあちゃん、ピンピンしながら何年も生き続けています。

自分は平気でそうしているのに、候補に上がった人が「来年は子供の受験だからそれが終わるまで待ってくれ」と言えば、「母親が受験するわけじゃあるまいし」と毒づきます。でもその割には孫の用事を理由にして逃げることもあります。母親でもないクセして。

このように自分には甘く、他人には厳しい典型。自分のことは棚に上げて忘れる思考。それに加え、年齢を重ねた人にありがちなズルさと口だけ達者な能力をいかんなくフル発揮し、ヤンヤヤンヤと好き勝手なことを言うからやり玉に上がった人はたまったものではないと神経をすり減らすのです

身勝手な人がのさばれる環境が問題

若い人と年配者とでは、趣味への向き合い方・考え方・時間の配分は全く違います。

年配者はもう残された時間がないし、他に行くアテもない。今は時間も自由に使えてクラブでも大きな顔ができる。だから自分にとって居心地のいい環境を必死で守ろうとします。

一方若い人にとっては家庭が第一、次が仕事。趣味なんて一番最後に位置するものだし、将来いくらでもできるから、仕事や家庭の用事があればクラブを休むのは当たり前と思ってます。当然ながら練習以外のお付き合いなんてする必要がないと思ってます。

「それもその人の考え方」と、個の考えを認めればいいのに、ガンとして認めようとしないのが「世界は自分を基準に回ってる」と思い込んでいる年配者。

アマチュアスポーツの世界は実力よりも年功序列の意識が高いから、得にこの傾向が強いのです。いい環境というのは悪い人が居づらくなって辞めるのに、現実は将来有望な人が次々と辞めていく。それを許す環境も問題大アリなんですけどね。

その結果趣味の世界も少子高齢化が進み、無駄に元気なバアさんだらけになるのです。

私がもし自分が年を理由に都合の悪いことから逃げようとするようになったら、そのときは潔く辞めますね。だってみっともないもの。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。

お急ぎ配送料が無料!PrimeVideoなら話題の映画が見放題!100万曲以上聴き放題のPrime Music!本・漫画・雑誌読み放題!Prime会員限定のタイムセールでお得に買物!特典満載のAmazonPrimeに、今すぐ登録しよう!