Essay

「共通の敵」で団結したグループが長続きしない理由

「共通の敵」で団結したグループが長続きしない理由

「あいつ、むかつく」と、ポロッと出た本音に「わかる、わかる、マジむかつくよねー」みたいな肯定の言葉を誰かが発したとたん、両者の距離がグンと縮まるのはどこの世界にもよくあること。

でもこれだけは言えます。「共通の敵」で結びついた関係は、最初のうちは良くてもいずれは破綻します。その理由について考えてみました。

味方と友達は別物

「敵」というのは戦うべき相手、自分の嫌いな相手のこと。

目的が「その人(敵)を蹴落とすため」なら味方は誰でもいいのです。極端なことを言えば、ただ人数が集まればいい場合もあります。必ずしも、好きじゃなくてもいいのです。目的さえ合っているなら。

でも友達は誰でもいいというわけではありません。友達であることに目的も利害関係もいりません。「友達だから友達」というだけのこと。友達であることに理由や動機づけはないのです。

「共通の敵」についての悪口大会で盛り上がってるその時だけは、ちょっとした憂さ晴らしで楽しいかもしれません。「この人、私の気持ちをわかってくれる。だから話が合う」と勘違いするかもしれません。

でも実は違って「私の気持ちをわかっているフリ」をしているだけの場合もあります。

こんなふうに共通の敵を作ることで結びついた関係の中には必ず味方のフリをする、友達ヅラをする調子のいい人がいます。

実はそういう人こそがいちばんの敵。なぜならそういう人はおしなべて自分のことしか考えられないタイプゆえ、部が悪くなれば平気で裏切るからです。

それが「友達」との最大の違いであり、共通の敵で結びついた関係が破綻しやすいのはこのためです。

見ているのは「共通の敵」であり互いを見てない

誰かの悪口で盛り上がっているときというのは、両者の関心はこの場にいない悪口のターゲットに(敵)に向いてます。

そういうときは一緒にいるのに互いのことを見てません。向き合っていても相手のことを見てないというのは、味方よりも敵に関心がある証拠です。

なぜそうなるのでしょうか?

それは味方をも信頼しきれてないからです。もし本当に味方として信頼できる間柄なら、味方よりも敵に関心があるなんてことはありえません。いざとなれば自分の身は自分で守らないといけないというのがわかっているからそうなるのです。

互いに関心がない。自分のことしか考えてない。信頼に基づかない関係。

そんなのが長続きするわけはありません。やがて破綻するのは必然です。

仲間づくりはほとほほどに


もうすぐ新年度。新しい世界に飛び込む人も多いでしょう。

新たな人間関係で思わぬトラブルに巻き込まれないためには、最低でもキナ臭い戦闘地域には足を踏み入れないことです。敵・味方という関係ではなく、信頼できる本物の友達を見つけてください。

そのためには躍起になって仲間づくりに勤しむ人には裏がある、くらいの気持ちでドーンと構えているのが吉。

仲間なんてものは自然とできてくるものであって、躍起になって作るものではありません。その「自然と出来上がる過程」の中で本物の信頼関係が作られていくのです。そんな関係こそが「共通の敵」のおかげで結びついた関係よりはるかに強固なものになるのです。

ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。

お急ぎ配送料が無料!PrimeVideoなら話題の映画が見放題!100万曲以上聴き放題のPrime Music!本・漫画・雑誌読み放題!Prime会員限定のタイムセールでお得に買物!特典満載のAmazonPrimeに、今すぐ登録しよう!