Essay

新型コロナウイルス蔓延で現場の教師も恐怖に感じる新学期

新型コロナウイルス蔓延で現場の教師も恐怖に感じる新学期

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、新学期を迎え今週から小中学校の入学式・始業式が執り行われます。

ここ数日、私のもとに小学校教師をしている友人から不安な胸のうちを綴るLINEが立て続けに送られています。

現場教師の不安な声

4月3日に送られてきたのは以下。

小学校教師
小学校教師
学校はまだ入学式や始業式、授業もやるか怪しいままですが、とりあえず準備進めてます。明日の校長会で決まるようです。

入学式の予定が4月6日に対して、4月3日までどうなるのか決まってない状態。対策の遅さが浮き彫りですね。動かざること山の如し。今まで何をしてたのかしら?

小池都知事は早々と都立高校の休校をゴールデンウイーク明けと決めて、都内の小中学校もできればそうしてほしいという要請をしているのにこの仕事の遅さ。

でも無事に休校は決まったようです。ただし4月10日まで。

数日だけ休校を延長しただけのことに、なんの意味があるのでしょう。数日経てばコロナ騒動は収束するのでしょうか。

そして昨日はこんなLINEが送られてきました。

小学校教師
小学校教師
明日入学式。いくら「距離を取って座ります」といっても、75人の新入児童に保護者が2人付いてくる。かなりの人数が体育館に集まることが予想されるので怖いです。

何をもって万全と言えるのか?

どの学校でも判で押したように「万全の安全対策を講じています」と言ってます。でも”万全の対策”とはなんでしょう?

まだ全体像がはっきり見えてこない新型コロナウイルス。現在わかってきたデータを頼りに対策を講じているだけなのに、”万全”と言い切れる根拠を逆に聞きたいです。

人が集まることそのものが危険なのに、大人数を一箇所に集めてどこが”万全の対策”と言えるのでしょうか。ライブハウスの事例を忘れたのでしょうか。

「今がギリギリの瀬戸際。大規模イベントは自粛して」といいながら、入学式・始業式という大規模イベントは敢行するというこの矛盾。

また「高校生は電車に乗って通学するけど小中学校は歩いて通学するから大丈夫」と言ってる政治家もいました。残念ながら教職員は車通勤が許されないので、友人は公共の乗り物で通ってます。それでも大丈夫なのでしょうか。

次の項では市内の保護者の声もご紹介します。

不安に怯える保護者の声

保護者の声
保護者の声
明日は始業式ですが、娘たちは休ませます。7,8,9と休校なのに、始業式だけのためだけになんでこんなリスクを負わなければならないのでしょう?クラス分けの発表ならメールで充分でしょう

また休校中にも一日だけ登校日が設けられているそうです。その理由は「子供たちのストレス発散のため」。

「教育委員会はアホしかいないのでしょうか?」と苦笑いしてました。

本当の安全を第一に考えて

このように保護者はもちろん現場の教師も恐怖に怯えながら式典に臨む状態で、果たして入学式や始業式は本当に必要なのでしょうか?

いや、何もない状態なら一つの節目になると思うのでやるべきだと思うけど、今は非常時です。「今までずっとやってきたことだからやる」という前提ではなく、現場にいる人たち・その人たちを取り巻く人たちすべての命を守ることを最優先に考えてほしいものです。

【新型コロナウイルス】部活こそ不要不急の外出
【新型コロナウイルス】部活こそ不要不急の外出 新型コロナウイルスの拡大で新学期の学校再開に関心が集まる中、早くも部活を再開している学校があります。授業ができるかどうかという中での部...
ABOUT ME
蒼 じゅりあ
蒼 じゅりあ
サイト名の「Un Jour」とは、フランス語で「ある一日」という意味です。日々の記録・エッセイをまったりと綴っていきます。

お急ぎ配送料が無料!PrimeVideoなら話題の映画が見放題!100万曲以上聴き放題のPrime Music!本・漫画・雑誌読み放題!Prime会員限定のタイムセールでお得に買物!特典満載のAmazonPrimeに、今すぐ登録しよう!